ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

アリックスって何?って人でもわかるアリックスの仕組み

約 7 分

「ねえアリックスって知ってる?権利収入が手に入って自由になれるビジネスだよ」

「アリックスって聞いたことある?今急成長中でここで入るのはとてもチャンスだよ」

「アリックスってね。こういう仕組みだから誰でも頑張れば成功できるんだよ」

「あ、あ、あ、アリックス?ってなんや!?」

そんなアリックスのあの字も分からないあなたに今日はアリックスとは何かを猿でもわかるように書きました。

ぜひ、アリックスとは何かを少しでも知ってもらえれば幸いです。
 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

■目次

アリックスって何してる会社なの?

その仕組みってマルチやないの?

アリックスで成功するのって難しいの?  

■アリックスって何してる会社なの?

そもそもアリックスの「あ」の字も知らない人からすれば「報酬プランがー」「月収100万円がー」などと言われても「へっ?」ってなることでしょう。

極めてシンプルにアリックスとは何かを答えますと連鎖販売取引という名称の付いている商取引を展開する外資系企業です。商材は空気清浄機などが有名ですが、日用品を幅広く扱っています。

同業他社にはアムウェイやニュースキンという業界人でなくてもお馴染みの企業があります。

「ねずみ講だ!」

「クソマルチ!」

「違法じゃないの?」

おそらく今の話で脊髄反射的に反応された方がいたでしょう。

ただもう少し冷静になってください。

上のような俗称で呼ばれている連鎖販売取引ですが、れきっとした法律上認められたビジネスです。詳細は特定商取引法という法律を見ていただければと思いますが、特殊な商取引を規制する法律の中にしっかりと今のべた連鎖販売取引というものがあります。

さて、この連鎖販売取引というのは何が特殊なのかですが、それはビジネスの仕組みにあります。ビジネスの仕組みが通常の商取引とは異なるため「特定」商取引なわけですね。

一言でこのビジネスの特徴を述べますと「消費者」が「販売者」も兼ねる仕組みにあります。普通、消費者と販売者って分かれますよね。それが一人二役する仕組みなのがアリックスも含めた連鎖販売取引の正体なのです。

少し違和感があるかもしれませんが、実は割と自然です。

自分がまず例えばアリックスの空気清浄機を使ってみるとして「とてもいいな」と思った時に人に薦めたくなりますよね。それをするだけで商売になるんです。
 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

目次にもどる

■その仕組みってマルチやないの?

そうはいってもこの連鎖販売取引は巷ではすこぶるイメージが悪いです。

アリックスもまた上陸する前から多くの人から白い目で見られていたことでしょう。

それもそのはずで、この業界というのは業界大手が毎年のように行政から業務停止命令を下されるという状況です。

今年は、ランキング3位で19期増収中だったフォーデイズが業務停止に追い込まれました。2016年もだいたい5位前後に位置していたナチュラリープラスが業務停止に追い込まれました。

その前にもその当時業界3位だったニューウェイズが業務停止命令を食らうなどトラブルが絶えない業界なのです。

それゆえに現時点でアリックスというビジネスが特にトラブルを起こしていなくても「違法なんじゃないか?」「何かまずいビジネスなんじゃないか?」と思われてしまうのは正直仕方ない状況なのです。

アリックス社も業界の秩序意識が低いことを察してかトップページの上の方で法令順守をうたっています。製品の紹介や報酬プランよりも前に法令順守を持ってきているのです。

例えば、ホームページには特定商取引法について極めてわかりやすく書かれています。

消費者に対して、製品の販売の意図を隠し、または明らかにしないで、販売以外のことを主要な目的であるかのように告げて、接近、あるいは誘引することは、重大な不法行為です。
どのような状況下であっても、プレゼンテーションをする相手とのアポイントメントでは、まず第一に、「ご自身の氏名」はもちろんのこと、「アリックスの製品」と、「登録料や製品の購入等を伴う連鎖販売取引という形態のビジネスへの勧誘が目的であること」を必ず告げてください。
相手が、「友人同士の単なる食事の誘い」や「異性との食事会」などと誤解してしまうような表現や、「いい仕事がある」「楽しい仕事がある」など、「高収入の職業への就職」だと誤解するような表現は重大な不法行為です。どのような相手であろうとも、どのような理由があろうとも、絶対に行わないでください。

http://ariixjapan.jp/index.php/genshujiko/

ビジネスをするためにアポイントをとるにあたっては必ず名前とアリックスがどういうビジネスでありどういう製品を扱っているかを承諾を取れとここには書かれています。

それなしにアポを取るな(ビジネスをするな)ということですね。

実は連鎖販売取引の一丁目一番地であるこの原則が多くの競合他社において守られていないという実態があります。

ここにあるような「久々に飯でも食いに行こうぜ」といった形で呼び出しなどは某社などではよく見られており、そりゃこの業界嫌われまっせと開いた口が塞がらなくなったことが私自身何度もあります。

アリックスは新参者としてそういった業界の悪しき風習を断ち切ろうとしているように思います。「製品や報酬プランはもちろん大事だが法令順守こそまずは大切だ」その意気込みが伝わってくるホームページをぜひご覧ください。

Ariix Japan – THE Opportunity Company

目次にもどる

■アリックスで成功するのって難しいの?

さて、最後にビジネスの詳細について少しだけ書いていきます。

このビジネスの仕組み一般について触れてきましたがアリックス個別の事情についてやや書ききれていない部分があります。

アリックスのビジネスの凄さはまずはその還元率にあります。

ひとくちに連鎖販売取引と言っても販売する人にどれくらい還元するかは個社に委ねられています。

下記にあるのですが、アリックスでは1ドルの流通に対して50セント、つまり50%の還元率を誇ります。

http://ariixjapan.jp/index.php/strong-finances/

これは、業界トップのアムウェイや古参のニュースキンなどが40%台の最高還元率であることを考えると非常に高い数値です。

私も50に乗せてくる会社を業界広しといえど聞いたことがないためアリックスは天下を取りに来ているんだなと感じます。

それゆえに、「成功」をどこに定義するかは人それぞれですが、例えば月収100万円を目標にするのであれば還元率の高いアリックスの仕組みはとても良いものと言えるでしょう。

他にも一般的には5列目までしか報酬の見返りがない報酬プランを取る会社が多い中で、7列目までの紹介がバックの対象になるなどアリックスは太っ腹です。

米国でこれらの報酬の仕組みは特許出願中のようですから他社に真似されては困るものみたいです。

以上、アリックスの「あ」の字も知らない人向けにアリックスの「あ」くらいは語れるようにそのビジネスの仕組みだったり、業界の置かれている状況、アリックスの優位性について書いてきました。

日本では2014年に150%成長とホームページにもあるのですが、かなり伸びて生きている会社のようですから、参加することは悪い決断ではないでしょう。

もちろん業界全体が受けている逆風は覚悟してくださいね。
 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)