ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ネットワークビジネスって本当に稼げるの?

約 6 分
ネットワークビジネスって本当に稼げるの?

「MLMに出会えるのは今世紀最大にして最後のチャンス」

「ネットワークビジネスをやらない理由がない」

「ネットワークビジネスを本気でやったら絶対にいつか稼げるようになる」

 

 

ネットワークビジネスの勧誘に当たって飛び交う上のような言葉。。。

私自身取材の過程で10社ほど回ったのですが、どこもかしこも同じような誘い文句をしています。

 

ただ、ほとんどの人がそう言われた帰り道や家に着いた時に「ネットワークビジネスって本当に稼げるのだろうか」という思いが頭をよぎるはずです。

 

そこで今日はネットワークビジネスは本当に稼げるのかというところがきになるビギナー向けにその疑問をできるだけクリアにできる記事を書きました。

 

参考になれば幸いです。
【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

ネットワークビジネスは本当に稼げるというのは事実

ネットワークビジネスは本当に稼げるのかという疑問自体は入会後も常につきまとう疑問であり、この疑問にイエスと言えなくなった瞬間がネットワークビジネスをやめる瞬間だと一般的には言われています。

 

そういう風にならないためにも最初勧誘を行う人たちはネットワークビジネスは本当に稼げるということを脳内に繰り返し繰り返し刷り込むわけです。

 

ただ、勧誘者が刷り込んだことも時間が経てば怪しくなってくるというのが入会者心理でしょう。

 

そこで、第三者の視点からここではネットワークビジネスは本当に稼げるのかについて補足したいと思います。

 

これは結論から申しますと、ネットワークビジネスは本当に稼げるのは間違いありません。

アムウェイ中島薫氏を筆頭に年収で一億円を稼ぐ人が業界にはたくさんいるのは事実です。

 

ただ、問題はその本当に稼げる人の「率」でしょう。

ここがどのくらいのものなのかということがあまり知られないまま業界は長年来ています。

なんとなく稼げると言われるよりはその方がやる側も覚悟感が醸成されむしろモチベーションも上がるでしょうしね。

ネットワークビジネスで本当に稼げる可能性

さて、ネットワークビジネスで本当に稼げる「率」について述べたいと思います。

 

これは、「どこを目標にするか」で変わってきます。

ここではアムウェイをサンプルとして「1円」「月収25万円」「月収45万円」でも収入を得ているかどうかで見てみましょうか。

それについての答えは下記を参照するとわかります。

月収1円以上得ている人は226,661人で稼働中のディストリビューター690,082人で割返すとだいたい32.8%となります。つまり、だいたいアムウェイでビジネスをやる3人に1人が1円以上の報酬を得ているという事になります。

 

続いて、だいたい生活していく上での最低ラインとも言われる月収25万円(年俸300万円)相当に該当する人を見ましょう。これは18%以上のボーナス支払い有資格者とここではおきます。

算出ロジックはアムウェイで18%以上のキックバックを得るには100万pvの売り上げが必要で、これはだいたい日本円で140万円です。この140万円以上を売ると15%のグリットから18%のグリットに上がることができるのです。

140万円の18%は25万2000円でだいたい年俸300万円以上になるのです。

いわゆる「最低限生活に支障をきたさない額」といってよいでしょう。

この会員数は下記を参照する2421組+7788組の合計10209組になります。これは割返すと1.4%となります。だいたい全会員の1%程度が「アムウェイだけで生活している」と言えるレベルということですね。

 

最後が月収45万円以上で、年俸540万円以上をおそらくもらっているであろう人についてです。こちらは算出は21%以上のグリットの方だけにすればいいので、それで割返すと1.1%程度となります。つまり、アムウェイ会員の1.1%がちょっと裕福なサラリーマンくらいの生活ができるようになるということです。

なお、2016年9月1日から2017年8月末日※までの一年間で3%以上の成績別ボーナスを達成したことのあるディストリビューターは226,661組です。内、各々のディストリビューターが達成した最高ボーナスの%ごとの内訳は次の通り。3%を達成したディストリビューターは104,884組、6%を達成したディストリビューターは48,169組、9%を達成したディストリビューターは34,149組、12%を達成したディストリビューターは15,595組、15%を達成したディストリビューターは8,605組、18%を達成したディストリビューターは2,421組、21%(有資格SP未達成)を達成したディストリビューターは5,050組、21%(有資格SP達成)を達成したディストリビューターは7,788組いらっしゃいます(2017年8月末日現在のディストリビューター数は690,082組です)。

https://www1.amwaylive.com/psl/houtei/index.html

 

ネットワークビジネスで本当に稼げる人の特徴

さて今のところからネットワークビジネスで本当に稼げる可能性について見えてきたのではないでしょうか。アムウェイの例は月並みですが、次のことを教えてくれています。

  • 最初の「1円」稼げるようになるのが大変
  • 年収300万から540万円へあげるのは相対的に容易

 

これを易々と捉えるか悪いと捉えるかはあなた次第です。

アムウェイだけを取り上げるというのは本来望ましくないのですが、字数の関係でこのようになっています。ただ一点だけ補足すると、アムウェイでは1円稼げるようになるのは全体の三割ちょっとと大変そうに見えますが他社の方がもっと厳しいです。N社などは18%程度の人しか収入を得ていませんでした。(筆者しらべ)

 

一方でポジティブな情報としては収入に「レバレッジ」がかかるというのは紛れもなく本当だということです。300万以上の人と540万円以上の人にあまり差がありませんでした。

 

つまり、そこの間を移動するのは大変なのは大変だが始めた頃に収入を上げていく工数よりは幾分かマシだということです。

 

こういったデータからわかるのはネットワークビジネスで成功するにあたってはある程度の忍耐が必須だということです。

 

初めてしばらくは相当大変な日々を過ごすというのは間違いありません。

数年は成果が出なくても踏ん張れるかというところを確認していくことが本当に稼げるかどうかへの答えにもなってくると思いますよ。
【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)