ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

フォーデイズ和田社長が語る同社の魅力

約 5 分

ネットワークビジネス業界全体が低迷してもう20年ほどが経ちました。

 

しかし、その中で数少ない、いや唯一と言ってもいい安定成長企業をご存知でしょうか。

それが今回あげているフォーデイズです。

 

同社は、直近一年のみ消費者庁の指導により業務一部停止になった関係で売り上げを微減させましたが、それまでは20年近くも売り上げを伸ばし続けてきました。

 

このような企業は数百社ある業界の中でもおそらくフォーデイズだけです。

 

そのような素晴らしい企業あるところにやはり素晴らしい経営者がいるというのはいうまでもないでしょう。

そこで、今日はフォーデイズの素晴らしさを知るための一環として和田社長について記事を書かせていただきました。
【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

フォーデイズ和田社長の語る同社の特長

まず、フォーデイズという会社について和田社長が述べている箇所を私なりに色々と見ていきました。

そこから見えたフォーデイズの特長を書いていきたいと思います。

 

現在、フォーデイズは21年目を迎える中で多くの愛用者を獲得できたと自信を持って和田社長は述べます。

その原動力に「ネットワークビジネス」という消費者と販売者が一体になったビジネスモデルをあげています。

 

フォーデイズはネットワークビジネスだからこそここまでこれたという風に和田様はのべるわけです。

一般的にはネットワークビジネスというのはネガティブな文脈で語られることが多い中で和田社長はこのように述べているわけです。

 

フォーデイズの流通を通して人間関係をも実りあるものにしていくと彼女は考えているようです。

人生を輝かせ、日々の不安を払拭させていくためには、多くの仲間とのつなりが非常に重要となり、また、それぞれのターゲットに合った製品が必要になります。そこで今後は、健康食品や化粧品はもちろんのこと、生活にかかわる製品の開発も視野に入れて考えていきたく思っております。

https://fordays.jp/company/philosophy.html

 

ネット全盛の時代だからこそ生身の人間の関係性が求められるという風に和田社長は考えているようです。

そういった一つ一つの関係性を重要視していくという哲学が会員にも浸透しているのが同社の特長と言えるのかもしれません。

 

その上で、核酸というこれからの可能性を感じさせる成分に注目し製品を届けているというのがいい結果につながっているのでしょうね。

 

フォーデイズ和田社長の語るこれからのフォーデイズ

その上で和田社長が述べるこれからのフォーデイズですが、「人との関係性を大切にするためにまずはコンプライアンスを徹底する」というのが大きくあるようです。

 昨今ITを使うボーダレスビジネスが進展する中で、リアルな人とのつながりは確実に求められていると感じます。海外からも大いなる刺激を受けて、新しいフォーデイズを創り上げていきましょう。
愛する製品は人それぞれ違えども、フォーデイズのカルチャーである「集まる(Community)」を大切にし、フォーデイズスタイルを永続的に発展させていきたい。そのためにも、大切な人とのかかわりに欠かせないコンプライアンスを徹底していかなければなりません。

https://fordays.jp/company/philosophy.html

 

同社は冒頭に述べたように消費者庁からの指導を受け直近で半年ほど新規勧誘活動の停止をしていました。

そのこともあり同社の売り上げ連続増進記録も止まってしまったという事実もあります。

 

フォーデイズの成長を止めたのは「コンプライアンス」の徹底が不足していたというのが和田社長の中でも強くあったのでしょう。

それゆえに同社のホームページではこれからのフォーデイズはコンプライアンスをまずは重要視して行くということを掲げているのです。

和田社長は別の記事のインタビューで下記のように述べています。

フォーデイズは11月24日、消費者庁から特定商取引法に基づき6カ月間の一部業務停止を命じられた。和田佳子社長は、今回の件を真摯に受け止めると同時にコンプライアンス強化について、「6カ月の間に組織にどう浸透させてやっていくかだ」と話した。
https://www.bci.co.jp/nichiryu/interview/325

 

フォーデイズの会員だけに問題があったのではなく、会社としても非常に大きな責任を感じていると彼女は述べています。

フォーデイズ和田社長の凄さ

私が和田社長について思ったことを最後に書かせていただきます。

 

まず、会社の社長としてすごく会社思いだなと強く感じました。

ネットワークビジネスの社長だと特にほとんどの人が従業員ではありませんから我関せずみたいな社長が少なくありません。事実、私は多くのネットワークビジネスを知っていますが、社長が誰かということをあまり知りません。

 

和田社長だけといっても過言ではないのですが、積極的にメディアに出てきて自分の考えを話しておられるのは彼女だけではないでしょうか。

 

彼女自身は業界自身が抱える負と現在真正面から戦っています。

ネットワークビジネスの抱えてきた問題点をフォーデイズ社もまた受けているわけですが、それを上回る良さがこのビジネスにはあると彼女は考えているのでしょうね。

 

 

以上、フォーデイズ和田社長から見えてくる同社の魅力について書いてきました。

 

フォーデイズの今後を握るキーパーソンなのは言うまでもないですが、業界全体をよくしていきたいという広い視座が個人的には印象的でした。

 

【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)