ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ネットワークビジネスをやっている人が確実に勧めてくる本

約 5 分

ネットワークビジネス

 

この言葉を聞いてあなたはどのようなイメージを思い浮かべますか。

おそらく「知ってる。そのビジネス最高だよね」となる人はあまりいなくて、「なにそれ?」というなにもご存じない方か「えっ。それネズミ講でしょ?」というネガティブなイメージを持っている方の二種類に分かれると思われます。

 

さて、このうち一番最後のネガティブなイメージを持っている方向けに今日は記事を書きたいと思います。

ご存じネットワークビジネスは世間ではすこぶる評判が悪いビジネスでして、今や勧誘をする人もいきなり「ネットワークビジネスやろうぜ」なんて言えなくなりました。

 

ではネットワークビジネスは絶滅したのかというとそんなことはありません。一兆円程度の市場規模は今でもあるとされ、アムウェイなど一部大手企業は昨今売り上げを上昇基調にしていると言われます。

 

 

それならば一体どうやってネットワークビジネスに招き入れているのでしょうか。

そのカギとなるのが「本」です。

 

ネットワークビジネスが素晴らしいものだと思わせる本があるのです。

今日は、ネットワークビジネスに誘う人が確実に勧めてくる本をご紹介しつつそれがなぜ勧められるのかについて書いていきます。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

『金持ち父さん 貧乏父さん』

今更この本を。。。

 

というくらいおなじみの本ですが改めてこちらをあげたいと思います。

この本はロバートキヨサキという方が少し昔に書いた本で、労働者のままだといつまでたっても自由になんかなれないぜということを書いた本です。

 

ネットワークビジネスをする人が勧めてくるのには理由があります。

こちらの本は複数巻構成なのですがある巻でネットワークビジネスをべた褒めしているんです。

確か『金持ち父さんの21世紀のビジネス』というものなのですが、この本の中でとにかくネットワークビジネスほどいいビジネスはないと言わんばかりにロバートキヨサキは勧めているのです。

 

『金持ち父さん』の代表作は世界でも歴代トップクラスからそれを勧めることを足がかりに徐々にネットワークビジネスの魅力に引きつけていくというのが作戦なのです。

 

世界的にも著名な方が勧めてくるビジネスに間違いはないはずだと思わせるのにそう時間はかかりません。

 

『ユダヤ人大富豪の教え』

続いてよく勧めてくる本としてあげられるのは本田健の『ユダヤ人大富豪の教え』という本です。

こちらもある箇所でネットワークビジネスをどストレートに勧めてくる本です。

 

お金持ちになる人たちの考えがどういうものかを明らかにした本なのですが、非常に先にあげたロバートキヨサキの『金持ち父さん』に似たものがあります。

 

 

というのも作者の本田健氏は自身がネットワークビジネスの著名人と懇意にするなど業界に非常にゆかりのある人物です。例えば代表的な人でいうとアムウェイでも一億プレーヤーと言われる山崎氏などはその一人です。

 

そういう人間関係をもつ彼がネットワークビジネスが極めて優れており、それが世界的にもお金を稼ぐ民族として有名なユダヤ人と重ねて見てしまうのも無理はありません。

 

『七つの習慣』

最後に勧めてくる本としてあげられるのはこれまた世界的ベストセラーの『七つの習慣』です。

こちら名前くらいは知ってる人も多いでしょう。

 

何もネットワークビジネスをやっている人に限らず、普通のビジネスマンの間でも大人気の本です。

 

しかし、この本が何故ネットワークビジネス実施者の勧めてくる本にあげられるのでしょうか。

 

 

こちら過去記事でも実は取り上げたのですが、「自責で考える」という思考回路を確立するためです。

『七つの習慣』にはいろいろと押さえるべきポイントがあるのですが、最初に「自責で考える」という思考回路を奨励しています。

これをすることで万事うまくいくと言わんばかりにです。

 

 

さて、自責で考えるというと何やらいいことのように思う人も多いかもしれませんが、いいことばかりではありません。

 

例えばどう考えても他社製品より高い製品を売らなければいけない時に全く売れないとしても「自分が悪いんだあ」と思うようになりますし、アップラインがポンコツで無茶苦茶な指導をしてきて失敗しても「自分が悪いんだあ」と思うようになりますしね。

 

自責で考えてくれる人は支配者からすると好都合なのです。

全て自分が悪いと考えてくれるので何も責任を負う必要がありません。

 

 

ネットワークビジネスをやってる人が勧めてくる本に『七つの習慣』が入っているのはその洗脳の第一歩だと言えるのです。

 

最後に

以上、ネットワーカーが勧めてくる本について書いてきました。

いかがでしたでしょうか。

 

おそらく名前くらいは聞いた本があったと思います。

 

その「なじみやすさ」がネットワーカーにとってはこれまた都合がいいのです。

本を読んでバカになってはいけません。

 

 

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)