ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

フォーデイズのヘアケアシリーズの可能性に迫る

約 5 分

一時の営業停止期間を経て再び営業再開をしたフォーデイズ。

決算に関しても前記事で述べたように新規勧誘を停止されていたとは思えないほどに売り上げを維持しており、これからまた高い売り上げ成長率を予感させています。

 

そんなフォーデイズといえば核酸を使った栄養ドリンクのイメージかと思いますが、この度新たな柱を作るべくヘアケアシリーズへの注力を決めたようです。

 

 

今日は、フォーデイズでいま注目が集まるヘアケアシリーズについてリサーチをしてみました。こちらを読んでいただくことでヘアケアシリーズの可能性について基本的なことがわかるように心がけました。

 

■ヘアケアシリーズ充実のラインナップ

まず、ヘアケアと言ってもいろいろなものがありますので、フォーデイズではどういうヘアケアがあるのかを見ていきましょう。

 

下記のヘアケアシリーズのサイトを見てみると大きく4つに分かれます。

https://fordays.jp/products/huwari.html

 

  • 育毛剤
  • カラートリートメント
  • シャンプー
  • コンディショナー

 

一般的にヘアケアと言われるジャンルに属するものについては網羅的に取り揃えているようです。

それぞれ魅力的な製品ラインナップですが、なぜフォーデイズはヘアケアシリーズに注力し始めたのでしょうか。

 

フォーデイズといえばやはり核酸ですので、核酸をヘアケアに入れることでどういった他社にはない優位性があるのかということを検討する必要があります。

 

これは核酸というものが細胞の老化を妨げる上で極めて重要な成分と考えられていることが大きいのではないかと私は見ています。

核酸自体はすべての皮膚や細胞に含まれており、それが劣化すると老化が進んだり病気を発症したりすると言われています。

 

そういった核酸の劣化を防ぐためにもなんらかの形で核酸を補強するというのは大切ですね。

 

もちろん核酸を経口摂取や皮膚から塗ることで人体の核酸を増やすことができるということは証明されていませんが、そういった期待感が込められているのかもしれませんね。

 

目次にもどる

■ヘアケアシリーズへの期待値

このフォーデイズのヘアケアシリーズへの注力ですが、今後へかなり期待が持てると私は考えています。

 

まず、フォーデイズの主要顧客はもともと製品群から見ても女性層が圧倒的に多い中でヘアケア製品を投入することで顧客の単価がアップすることが見込まれます。

 

ヘアケアをしない女性はいませんからね。

もちろん男性もいるでしょうが、女性は特にスキンケア製品には敏感ですので、とてもいい戦略だと言えます。

 

また、ビジネスとしての裾野を広げているとも言えます。

同社は核酸ドリンクが売りですが、いきなり栄養ドリンクというとなかなか買ってくれないという人が多いですが、日常的に使っているヘアケア製品ならばということで買ってくれることが多々あります。

 

それでヘアケアを気に入ってもらい核酸ドリンクなどのサプリも拡販していくという流れが得きるわけですね。

 

 

目次にもどる

■ヘアケアシリーズ販売における注意点

最後にフォーデイズのヘアケアシリーズ販売において注意すべきことを書いて終わりにします。

まず、最も重要なこととしては法令を遵守しましょうということです。

ヘアケアシリーズを売ればなんでもありというわけではありません。

 

法令に則って営業活動をする必要があります。

ただ私も含めてですが、あなたは弁護士でもなければ司法資格を持っているわけでもないので六法全書を勉強する体力も根気も気力もないことでしょう。

 

そういう中で、おすすめなのは該当の法律の一部だけでも押さえておくということです。

 

具体的に挙げますと、特定商取引法ですね。

 

まず特定商取引法はフォーデイズの含まれる連鎖販売取引を規定している法律なので最もコアな関連法案になります。

 

ここでは押さえるべきところをかなり絞ってピックアップします。

勧誘前の所が最も重要です。

 

勧誘前がちゃんとできればあとはなんとでもなるというのがネットワークビジネスの規制

だったりします。

 

では勧誘前に守らないといけないことは下記三つです。

  • 自分がネットワークビジネス(フォーデイズという連鎖販売の事業主)をやっていることを「会う前に」伝える。
  • あった際に連鎖販売への勧誘を行いたい旨を伝える。
  • このネットワークビジネスにおける登録料や特定利益の概要

 

これらを伝えて「聞きたいです」という趣旨の了承をとって勧誘を行うことが法律では必須です。

実際にあったあとは、「相手が断ったら」再勧誘してはいけませんが、それ以外は嘘を言わなければ大体大丈夫です。

 

今言った話をフォーデイズのヘアケアを売りたいと思っているあなたに当てはめて少しだけ書きますと、まず、自分がフォーデイズの会員であることを伝え勧誘したい旨を伝え、了承を取るというのが最低限まずは会うまでに相手に対してやらなければなりません。

 

以上、ささやかながら注意点を最後に書きました。

 

ただ、フォーデイズのヘアケアシリーズは良い製品ですので、気負わずにやっていけば結果はついてくると思います。

 

目次にもどる

 

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)