ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ネリウムの正しい広め方

約 7 分

ネットワークビジネス

この言葉を聞いてどういうイメージを持ちますか?

  • ネズミ講?
  • 友達から嫌われる?
  • 宗教?
  • 違法行為?
  • 借金をする?

まあいろいろありますよね。

ただ、一般論として言えば、「最悪のイメージを持たれているビジネス」だと言ってよいでしょう。

 

あなたはもしかすると今友人から「21世紀最大にして最高のビジネス」とか「不労所得が手に入るチャンス」などと言われて若干浮き足立っていたところかもしれません。

 

しかし、あなたも薄々感づいていると思いますが、もう一度言いますとこの業界は「最悪のイメージを持たれているビジネス」です。

 

それゆえに工夫をしなければこのビジネスをはじめようものなら誰もが必ず友達から白い目で見られるという経験をすることになります。

 

そんな風評の中でネリウムで収入を集めるあなたにとって今の話を聞くとある疑問が湧くでしょう。

「製品の広め方がわからんけど、どうしたらええの?」というものです。

 

今日は、業界初心者向けに池上彰さんよりわかりやすくネリウムを始めるにあたり最低限知っておきたい製品の広め方を書かせていただきます。

 
【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

■目次

ネリウムの広め方がわからない理由

 ▶ネリウムの正しい広め方

 ▶ネリウムをやる人に一言

■ネリウムの広め方がわからない理由

ネットワークビジネスにはセミナーというものがあるのですが、そのセミナーに参加し無批判に受け入れようとすると必ず良い結末を迎えません。

 

これは学歴が高かろうが関係ありません。

 

同業他社の話で恐縮ですが、私が知っているだけでも国立大学にいってようが有名企業にいってようがセミナーで全てを鵜呑みにしその通りにして失敗していました。
まあオウムが高学歴の人が多く参加していたのを見れば想像することは難しいことではありません。

 

 

ある種半ば洗脳状態にあると当事者自体はそうあると気づけません。
そこで、セミナーを受けた段階でどうなっていると危険な状態にあるかというのを書きます。
あなたがもしこれに該当するようであれば半ば洗脳されていますので、冷静になってください。(ビジネスをやめろとは言わない)

 

ネリウムのセミナーを受けた後に危険な状態とは2パターンあります。

  1. 僕たちが使っている製品は最高の製品だ。この製品を勧めればきっと友人は喜ぶだろう
  2. 僕たちがやっているビジネスは最高のビジネスだ。このビジネスを勧めればきっと友人は喜ぶだろう。

おそらく現在この業界のビジネスに参加している人の8割9割がこの状態にあります。
ネリウムも多少誤差はあるでしょうがこう考えている人は多いでしょう。

結論から言うとこのスタンスでネリウムを始めると一年以内に友達を全て失い、多額の出費だけが残るだけに終わる可能性が極めて高いと言えます。

 

 

なぜこのような心理状態になるかというとそれはセミナーに登壇するトップランカーがそのようにいうからでしょう。私が今ここにいること自体が私の話していることの正当性を担保しているというロジックで話される方が多いですからね。
 

実際、私も業界一位のセミナーや業界二位のセミナーいろいろ行きましたがそのセミナーでも上記二点を押さえているものばかりでした。

 

しかし、この最初の地点で誤った考え方をすると本当に搾取されて終わります。まずは落ち着いてください。

 

何度でも言いますが、この前提に立って始める製品の広め方やビジネスの広め方はほぼ全て失敗します。

 

少し定量的に話しますと業界トップの企業においてビジネスメンバーの何パーセントが収入を得ているかご存知でしょうか。1円だけでもいいです。

1円くらいなら半分くらいはいるんじゃないか?そう思う人が少なくありません。

ただ、結論を言いますと3割しかいません。

同業の大手で低いものだと20%を切ってくることもザラです。

不労所得で月収100万円と思いながら始めたビジネスでほとんどの人が一円たりとも稼ぐことができないのです。

ここから言えるのは百歩譲っていいビジネスだとしても「稼ぎやすいビジネス」や「誰でも簡単に稼げるビジネス」ではないということですね。

ここを押さえることがとても大切です。

このパーセンテージでしか収入を得ている人がいないということは成約率はとても低いと考えなくてはなりません。この状況からどうするかを考えないとマジになれないんです。

まとめます。

ここで私が言いたいのは、「俺たちはいい製品を持っているから、売れるはず」とか「俺たちはいいビジネスをやっているから、みんなやりたがるはず」と考えることは定量的に見ても極めて愚かな発想だということです。そして、もし本当にそう思っているなら相当危険と言えるでしょう。

それゆえにこのような現実を見ていけば「ほとんどの人は興味を持たないのが現実でその中でどうやるか考えよう」と考えなくてはならないのです。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

目次にもどる

■ネリウムの正しい広め方

さて、前提が変わると広め方が変わります。

「いい製品だ。どんどんアタックしよう。」という前のめりな広め方がこれまでの業界の慣例であるとともに最大の過ちでした。

驚くべきことに一番やってはいけない広め方が一番主流的な広め方なのです。

ただ、一度それが行われるカルチャーができてしまうと惰性で続いています。

おそらくですが、私の勘ではこのバカみたいな広め方は永遠に続くでしょうね。

そして、そうしなかった人だけが抜け出すようになるでしょう。

さて、適切な広め方とは何かの話にいよいよ入ります。

これは端的に言えば、自分からガンガンいくというのをやめることです。そして、相手からの問い合わせに答えるというやり方をとるのです。

相手に「その製品について知りたい」「そのビジネスについて知りたい」と思わせるようにするのです。

この発想から行われる広め方であれば法律の範囲内であればどのようなものでも良い広め方だと言えるでしょう。

最近は業界もその流れを汲んで大手企業がSNSを使ったビジネス活動を限定的にではありますが、解禁するようになりました。

インスタグラムやフェイスブックで製品のPRを行うことが部分的にではあれ容認されるようになったのです。

今後も新たなツールとともにこのように興味を持つ人だけにアプローチをするというやり方が徐々に浸透していくと思います。(ベースは飛び込み営業でしょうが)

この流れに乗れるかどうかにネリウムでの成功がかかっていると言っても良いでしょう。

目次にもどる

■ネリウムをやる人に一言

さて、ネリウムをこれから始める人に最後に少しだけ書かせていただきます。

色々と書いてきましたが、ネリウムはいいビジネスです

小額の投資でリスク少なくリターンを狙っていけるいいビジネスです。

ただ、大半の人は一円を稼ぐこともできずに終わります。

一人でも成約できれば超優秀な人と言っても良いくらいです。

そういった厳しい環境であるということを前提に、ビジネスを進めていかなくてはいけません。そういう意味でこれまでの広め方として当たり前とされてきた友達に手当たり次第に声をかけるような広め方は愚行中の愚行です。

絶対にやめてください。

これからの時代は「やりたい」「興味がある」と声をあげる人だけにアプローチをする時代です。

その時代の流れに乗りビジネスを成功させましょう。

あなたのネリウムでの成功をお祈りしています。
【無料】友人0人の私が逆境で編み出したLINEを使ったMLM成功法大公開!

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)