ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

この読書会何か怪しいと思った時に読んで欲しい記事

約 9 分
この読書会何か怪しいと思った時に読んで欲しい記事

 

「本を読まない奴はこれからの時代生き延びれない」

そういう掛け声とともに今若者を中心に人気がある読書会というイベントをご存知でしょうか。

あなたもこの記事を読んでいるということは読書会に友人から誘いを受けたか読書会に参加をされたことがあるのいずれかではないでしょうか。

そして、その読書会を「何か怪しい匂いがする」と感じるか、乃至は参加してみて「何か参加者が怪しいな」という感想を持った方だと推察いたします。

今日は、怪しい読書会に参加せず安全に楽しく読書会に参加したい人向けに「怪しい読書会」の見抜き方について記事を書かせていただきました。

ところで、なぜこのブログで私がこの話題を取り上げるかという疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

その理由は他でもありません。

そのあなたが「怪しい」と感じた読書会はネットワークビジネスの見込客集めに使われている可能性が極めて高いからです。

実際私のブログでちょくちょくネットワークビジネスと読書会について書いた過去記事がいくつかあるのですが、アクセスがそれなりにあるんですね。

そういうわけで、このトピックはネットワークビジネスについてリサーチをしている私としては放置できないわけです。

それでは怪しい読書会について調査した結果を報告します。

 【無料】寝ている間にも会社に行ってる間にもダウンができる方法

■怪しい読書会と言えるホームページの特徴

できれば怪しい読書会に実際参加して時間を無駄にするよりは事前に見抜きたい。

純粋に読書好きの方だけが集まる読書会に行きたい。

そういう方は少なくないでしょう。

そして、それに水を差すネットワークビジネス勧誘者を許せないでしょう。

私も読書会を使ったやり方は違法なので怒りを覚えています。

そういうわけで私としてはなるべく多くの人がそういう読書会に関わらないようにすることをしたいと考えています。

さて、そういった怪しい読書会に関わらないためにできることを書いていきましょう。

その筆頭にある程度ホームページから怪しい読書会とそうでないものをふるいにかけることができるということを挙げたいと思います。

あなたが仮に友人経由で誘われたためホームページをご存じない可能性もあるかもしれませんが、その場合も事前に「読書会+地名」のキーワードで調べればあなたが誘われた読書会に当たりをつけることは可能です。

そして、それをすることでネットワークビジネスへの導線かどうかは見抜くことができるのです。

早速ですがいろんな読書会ホームページを調査し実際に参加した中で、怪しい読書会の特徴がわかりました。

その特徴をあえて3つに絞りますと以下です。

怪しい読書会の特徴

  • 主催者紹介をホームページで記載していないもしくはぼかしている
  • 会社員を否定的に見るビジネス書ばかりを紹介している
  • 明治維新期と現在が似ているという煽りがある

まず一つ目ですが、マルチ商法を主催者が読書会を使って行っている場合、基本的に身元をできるだけ明らかにしたくないという心理が働きます。

それゆえにホームページにおいてはなるべく自分の写真であったり自分だと特定できる固有名詞などは避ける傾向にあります。

それを意識してホームページを見てみましょう。

相手を引きつけるために学歴などはそれとなくアピールしつつ個体がばれるレベルでは絶対に情報を公開していません。

次に二つ目です。

これは「じゃあネットワークビジネスをやろう」という因果関係を導き出させるためによく使われるためあげています。

最近だと『LIFE SHIFT』がよく使われていますね。

少し前だと神田昌典『2022ーこれから10年活躍できる人の条件ー』がよく使われていました。

いずれにせよこれから時代は変化して生き方が変わるからマルチをやろうという話です。

他には伊賀泰代、大前研一を筆頭としたマッキンゼー系、堀江貴文をはじめとしたアンチ会社員系思想を持っている自己啓発書作家などがあります。

もちろんこれらのトレンドだけでなく『金持ち父さん』シリーズや『7つの習慣』といったロングセラーもネットワークビジネスを肯定的に捉えてもらうために推奨されています。(肩書きなどを差っ引いて冷静に読んだらそんなすごいこと言ってないんですけどね笑)

そして、最後になります。

最後は明治維新ストーリーと現在が非常に似ているという予言めいたことを書いているホームページです。

これは平たく言えば「今働き方を変えないといけない」という刷り込みをしマルチ商法への入会を説得するための土台として結構使われています。

ここに具体的にサイトは貼りませんが、怪しい読書会サイトは必ずと言っていいほどこの煽りが入っています。

要するに「武士だった人は無職になり、、、」といったストーリーを現代に置き換え会社員でこのままいったら無職になるよというロジックに持ち込むわけです。

この論理実は相当アホでネットワークビジネスというのは構造上全員が本業で稼いで食っていくことは不可能です。統計的にも出ていてたった1円報酬を得ている人が最大手のA社で33%、N社に至っては18%程度です。これだけで生活できている人は1%以下です。

何が言いたいかというと多少小金を稼いでいる彼らもまた安定して会社員を続けているダウンがいないと崩壊するという話です。みんなが会社員を仮にクビになったら親玉も吹っ飛びますからね。

なお一点誤解しないで欲しいことがあります。

それはこれらの条件の一つでもあれば即ネットワークビジネスをやっている読書会というわけではないというところです。

例えば、『LIFESHIFT』を扱っているが全くクリーンなものもあります。

(そりゃベストセラーですからね笑)

まずはこの3つのうち2つ該当しているかどうかくらいのラインで検討をしてみてください。それだけでも怪しい読書会は判別できるはずです。

目次にもどる

■安心できる読書会リスト(都道府県別)

今の情報に加え怪しくないと言える読書会の特徴も押さえることでより審美眼を強化しましょう。著者が安心して参加できると考える読書会には下記の3点の特徴があります。

  • 主催者紹介がかなり具体的(個人がより見えるほどマルチの勧誘現場である確率は低い)
  • ビジネス書以外も選書している(金儲けのためだけに本を読んでいない)
  • 料金が1000円以上(悪く言えばそこで小金を稼ぐことが目的だとわかるからなのですが、よく言えばその先にマルチがある可能性は考えにくいということ)

論より証拠。この項目に当てはまる読書会をだいたいリストアップしました。

これ以外は知名度が低すぎるかもしくは怪しい読書会と言っても良いかもしれません。(ただ、地方のものは割愛)

まず、安心して参加できる読書会から。

やはり筆頭には猫町倶楽部が来ます。

www.nekomachi-club.com

こちらの読書会では基本開催の主催者について固有名詞で触れていることや主催者の写真が見えることが多いです。

そして、ビジネス書以外も多分に扱っていることが一目でわかります。さらに言えば料金設定が結構お高いのでこの読書会自体が目的で、マルチのように読書会を値段を落として人を集客するための手段と考えている可能性は極めて低いと思われます。

もう一つ全国開催しているものにRead For Actionがあります。

Read For Action –日本最大級の読書会コミュニティ

こちらは猫町倶楽部と異なりビジネス書が多いので一見怪しく見えます。

ただ、かなり組織規模が大きくかつ固有名詞を出して全ての人が活動していることが非常にポジティブです。

そして、料金体系も少し高いものが多いためマルチの勧誘が考えにくい読書会でほとんどが占められているように思います。

ただ、全ての主催者をチェックしきれないのでいる可能性は否定できません。

さてここからは都市部の有名どころを見ましょう。

まずは東京です。

東京は人口が多いため地雷が少なくありません。

そこでざっと見たところ猫町などの全国でやっているサイト以外では下記の読書会サイトは白ではないかと思いました。

ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。(私は全く下記の読書会主催者と面識はありませんが、サイトを見る限り大丈夫そうです。)

個別の紹介は控えますが、どれも楽しそうです。

tokyonovelsparty.wixsite.com

dokusyokai.com

www.meetup.com

続いて大阪です。

検索で上の方に出てくる下記の読書会は大丈夫でしょう。

osakacafedoku.com

iro-doku.com

osakareading.jimdo.com

 

引き続き情報を募集したいので、何かこういう読書会は怪しいものだった、逆にこの読書会は安心だよというものをコメントしてもらえると幸いです。

さすがにすべて行くことはできないのでよろしくお願いいたします。

目次にもどる

■読書会でマルチの勧誘は違法

さていろいろ書いてきましたが最後にまとめを。

まず、読書会というのは素晴らしいです。

ただ、条件がつきます。

それは純粋に読書を楽しむという限りにおいてです。

一方で、ネットワークビジネス勧誘の手段として開かれる読書会はあまりいい読書会ではありません。

なぜなら、マルチ商法を正当化するための本しか読まないですし、読書自体を金のための手段にしている非常に残念あ取り組みだからです。

そして踏み込んでいうならば、マルチ商法を読書会で展開することは違法です。

すでに過去に書きましたが、読書会という「別の目的」で呼び出して勧誘することは特定商取引法に抵触する「不実告知」にあたります。

ネットワークビジネスでは勧誘に先立ち会うまえに下記を伝える必要があります。

  • 自分がネットワークビジネスの事業者であること
  • これから会ってネットワークビジネスの話をしたいということ
  • 扱う製品の名称および登録料など

私はネットワークビジネスの存在を否定しないどころかポジティブに見ているところが多々ありますが、違法な形でやる人とは一線を画したいと考えています。

業界自体の清浄化を目指す一人として今後も役立つ情報をまた継続して提供できればと思います。

先ほど書きましたが、読書会についてバシバシ情報提供お願いします。

私だけでは無理ですので笑

ご覧いただきましてありがとうございました。

 【無料】寝ている間にも会社に行ってる間にもダウンができる方法

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)