ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ニュースキンの売上推移から同社の今後を占う

約 5 分

ネットワークビジネスに参加する人にとって何より魅力的な権利収入。

一度積み上げればあとはずっと勝手に入ってくるという仕組みですからこれほど嬉しいことはありません。ただ、一点だけこの牙城が非自発的に崩れる場合があります。

それは、売上が立たず会社自体が倒産するというケースです。

それゆえに、数あるネットワークビジネスの業者を選ぶにあたっては会社の現在の業績だったり売上推移、売上規模などの財務面もチェックしておく必要があります。

今回は、その情報提供の一環としてニュースキンの売上推移を取り上げます。

記事の中では過去の売上推移から今後の同社の成長性に関する期待と懸念点を扱います。

【無料】私が1ヶ月で35人リストアップしたある方法

■ニュースキン直近の売上推移まとめ

まずは、ニュースキンという会社がどういう状況にあるのかを冷静に捉えることができる売上推移を見ていきましょう。

ただ、本題に入る前に私の立場をあらかじめ明らかにしておきます。

私はどういう人間かというとニュースキンのセミナーや製品に実際関わったことがある立場で、今は会員を離れて別の会社などの取材をしている人間です。

それゆえに同社について他社と比べて良い面悪い面双方ともある程度バランスよく知っているという立場です。(だと自負している)

なぜこの立場を明確にするかというと、ネットワークビジネスの議論というのはいつも立場によって大きく見方が変わるからです。

ニュースキンディストリビューターは将来性が完璧であるかのように言いますが、一方でアンチはニュースキンが全くダメだと言います。この隔たりが恐ろしいほど激しいのです。これはご存知の方も多いでしょう。

ですので、この後の文章については寄りすぎないバランスのとれた議論を心がけられる人間だと多少は安心してもらえると幸いです。

さて早速ですが見ていきましょう。まず、ニュースキンはグローバル企業ですのでニュースキンジャパンではなくニュースキンエンタープライズの方から売上推移を見ていきます。

下記はヤフーで見れるニュースキン社の直近3年の業績です。

2016年度 2,207,797千 2015年度 2,247,047千 2014年度 2,569,495千

ニュースキン・エンタープライズ【NUS】:業績(通期)/株価 – Yahoo!ファイナンス

*あらかじめ断っておきますと上の表はドル表記です。

**ここでは便宜上一ドルをざっくり百円で換算します。

それをもとに見ていきますと2014年に2569億円程度であったところからここ2年連続で売上を落としているのがおわかりいただけるのではないでしょうか。特に2014年から2015年にかけての落差はかなり大きいです。(約13%)

ここから言えるのは売上推移を見る限りでは少なくともここ3年はニュースキン社がグローバル全体でかなり苦戦しているということですね。

これはニュースキンディストリビューターも否定できない事実です。

もちろん2012年あたりまでは中国やベトナムなどの新興国で着実に売上を伸ばし続けていた需要が一巡したという解釈も可能です。

しかしながら、その次の一手が見えていないというのが現状の率直な状況でしょう。

さて、続いてはニュースキンジャパンの方を見ていきましょう。

日本の業績はニュースキンエンタープライズの英語版のページを見る必要があるのでそこから抜粋したものを下記に記載します。

直近3年の売上推移ですが、2015年が約319億円2016年が302億円2017年が287億円とこちらもグローバル同様売上推移がかなり厳しいです。

新商品がなかなかヒットにまで至らなかった中で古参のライフパックナノなどに依存した売上構造が変わらなかったからでしょう。

目次にもどる

■ニュースキンの売上推移から言える今後の見通し

現在ニュースキンがジャパンもグローバルも売上推移で下方状況であるのはいうまでもなく新製品の不発でしょう。

売上の上澄みはやはり新製品の売上なくしてはなしえません。

海外の場合は市場開拓もありますが、日本や韓国などはすでに成熟市場であり、客単価のアップが現実的な売上向上施策です。

2018年は今ルミスパという新製品が売り出されています。

おそらく今後の売上推移を分析するにあたってルミスパの成否は肝でしょう。ルミスパは美顔器と呼ばれるジャンルのものでガルバとはまた異なった種類のものとなります。

今のところ上々の評判ですが、ここ最近の不発ぶりからはまだまだその好調の波がくるかどうかはまだ不透明というのが実態です。

ただ、このルミスパに注目することが今年一年ひいては来年度も占う極めて重要な製品だということは押さえておきましょう。

目次にもどる

■ニュースキン参加すべきか否かへの答え

さて、ニュースキンに参加すべきか否かを悩んでおられる方に最後にメッセージです。

売上推移を見るとニュースキンは大丈夫なのだろうかと不安になる方も多いでしょう。

ただ、財務基盤はまだまだ業界の中でもトップです。

今後10年は安泰の企業でしょう。

出来立てのスタートアップに比べれば安心の状況です。

その上であえて苦言を言うならば、四半期決算のコメントでルミスパが売れているかどうかは今後のさらなる飛躍を見る上では満たしていることが必須です。

ニュースキンの売上推移から言えることでした。

お読みいただきましてありがとうございました。

【無料】私が1ヶ月で35人リストアップしたある方法

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)