ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ナチュラリープラスが電気事業参入ってマジかよ!?

約 5 分

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

ナチュラリープラスというとあなたはどういう事業をやっているかご存知ですか?

それはもちろんサプリメントだったり化粧品だったりというのは今更解説するまでもないですよね。なんでそんな質問を投げかけるのかというと、実はナチュラリープラスは新事業を始めていることを知ったからです。

どんな事業かご存知ですか?

まったく今までとは関係のない電気事業なのです!

これは業界全体としても大きな驚きのニュースと言って差し支えないでしょう。

今日は、このホットなニュースの詳細を少しお話しいたします。

  1. ナチュラリープラスが始めた電気事業の概要
  2. なぜナチュラリープラスは電気事業を始めたか
  3. 終わりに

ナチュラリープラスが始めた電気事業の概要

まずは、日経流通新聞が発表している2016年9月2日時点のニュースをピックアップします。

 ナチュラリープラス(本社東京都、名越隆昭社長)は8月から、家庭の電気料金が既存の電力会社よりも比較的安くなる新電力の取り扱いを始めた。当面は会員とその同居家族のみが対象で、取り扱いに応じてポイントやキャッシュバックが発生する。

『ナチュラリープラス/「UNIVAでんき」開始/紹介者、上位者に1%を還元』

http://www.bci.co.jp/nichiryu/news/1696

なるほど。ナチュラリープラスという会社は会員向けに電気の販売を行い始めたということですね。そうすることで利用者は安く電気が手に入るとここ員は書かれています。

ただ、他社のように誰にでも販売するわけではないという風に書かれていますので、まずは会社としてはスモールスタートで様子をみようかという考えなのでしょう。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

なぜナチュラリープラスは電気事業を始めたか

それでは、なぜ縁もゆかりもない電気事業をナチュラリープラスは始めたのか?という疑問が湧いてくるかもしれません。

その疑問については下記に引用する箇所を読んでいただければすっきりします。

ナチュラリープラスが始めた新電力サービスは「UNIVAでんき」。親会社のUNIVAキャピタルグループが、新電力を手掛ける東燃ゼネラルグループの代理店として高圧(産業用)電力の販売を行ってきた実績から、低圧(家庭用)電力の販売にも乗り出した。
UNIVAでんきは現在、東京電力・中部電力・関西電力・東北電力(高圧のみ)の管内で提供を開始している。当面、契約はナチュラリープラスの会員とその同居家族に限定しているが、将来的には会員外に提案可能にすることも視野に入れている。

『ナチュラリープラス/「UNIVAでんき」開始/紹介者、上位者に1%を還元』

http://www.bci.co.jp/nichiryu/news/1696

私も恥ずかしながらこれを読んで知ったのですが、UNIVAでんきという会社がナチュラリープラスの親会社で、この会社が元々電力系の代理店に乗り出したことが発端にあるようです。

親会社がやったのであればそれをグループ展開するのはそれほど難しいことではありませんからね。

そうはいってもまったく畑違いのことをやるということですからそれなりに理由があるというのが私の考えです。

実は、ニュースキンという会社も電力事業に参入しているのをご存知ですか?

おそらくこういった事実から推測できることとしては、MLMとでんき販売は非常に相性がいいのではないかということです。

私の見立てとしては、二つMLMの会社が電気事業を始めるメリットがあって、一つはもちろん顧客単価のアップです。

これは、詳細に説明するまでもないでしょう。

で、もう一つが、電気販売というタッチポイントからナチュラリープラスというものを知ってもらおうという新たな顧客接点の取り方を開拓できることです。

おそらくこっちの方が大きいと思います。

というのも電気事業というのはいろんな会社が参入できることからももはや価格での勝負になりつつあります。

つまり、ここから大きな利益を生み出すことはそれほど期待できないということです。

そういった中で、やはり営利団体である企業は利益を出したいですからそれをきっかけに利益の出る製品も一緒に売りたいとなる可能性が高いのです。

終わりに

今日は、ナチュラリープラスの電気事業参入というものをテーマに記事を書かせていただきました。

親会社からの絡みで参入が容易だったという理由はもちろんですが、始めた理由は本業のもうけを上げるためではないかという考察を少し書かせていただきました。

ニュースキンも参入していることからこの後他の会社も入ってくる可能性は想定されます。まずは先陣を切ったナチュラリープラスがこの電力事業を行うことでどうなるか業界にいるものとして今後も注視していきます。

 

今回もお読みいただきまして誠にありがとうございました。

お役に立てたのであれば幸いです。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)