ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

アリックスのメリットデメリット教えろよな!に答えます

約 7 分

アリックスというネットワークビジネス(マルチ商法)の会社をご存知でしょうか。

今業界全体のパイが停滞する中で毎年二桁成長を続けていると言われている企業です。

経年で多くの会社の売り上げを追っていますが、私の肌間では今業界で一番勢いのある企業がこのアリックスパートナーズ社です。

なぜアリックスがそこまで急速に拡大しているのかというのは私自身かなり気になって継続して追いかけています。

その理由を考えていくと、おそらくですが、新規顧客の拡大はもちろん離脱も少ないからというのがあるのではないかと考えています。

さて、業界に山のように会社がある中でアリックスのメリットとはなんなのでしょうか。どこも言っちゃえば連鎖販売取引を採用していてビジネスフロー自体は同じです。

そういった中で差をつける要因について今日は考えてみました。

アリックスのメリットを書きながらアリックスの魅力に迫りたいと思います。

ただ、私も批評家としてはマンセー記事ではいけないと思っています。

ですので、調べる中で見えてきたデメリットも正直に書きたいと思います。

このデメリットをそれほど大きなものと感じずメリットに価値を見出せる方こそアリックスに参加すべきだと私は考えておりますのでぜひデメリットについても率直に書かせていただければと思います。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

■目次

アリックスのメリット

 ▶アリックスのデメリット

 ▶アリックスに参加すべき人

■アリックスのメリット

まず、アリックスのメリットについて書かせていただきます。

これは、「好調」という風聞がさらに人を呼ぶ好循環のサイクルに入っていることが大きいでしょう。

昨対比10%以上の成長を続けていることからも言えるのですが、マクロ的には自分もダウンを作りやすい(収入を得やすい)環境であると言えます。

日本上陸の前からあのアップルやグーグルよりも創業からの数年の売り上げ伸び率を上回っていたとも言われそのような触れ込みで満を持して日本に上陸したのですから最初から注目されて当然です。案の定昨対比二桁成長を先ほども述べましたが続けています。

さて、このような好循環企業に身をおくメリットがどれほどのものなのかは冷静に考えると簡単にわかります。

例えばここでは個社名は控えますが、ネットワークビジネスの上位企業は確かに規模がでかく安定性のある企業なのですが、最近は売上がよくて横ばいか微減で推移している企業がほとんどです。(A社とかN社とか)

売上が伸びないということは自分が参加したとして会社が逆境にある中でビジネスをやらなくてはなりません。あと市場自体が刈り取られており、興味を持つ人の率が数年前数十年前と比べて明らかに厳しくなっているのです。

そういった意味で、アリックスのように急成長している企業の環境でネットワークビジネスをやるというのは人々が魅力を感じやすい土台が出来上がっているとも言えます。

これは、アリックスの最大のメリットです。

もちろん個別に製品が好きかどうかやビジネスプランがどうのこうのといったところもビジネスでは大事になっていきます。

が、「勢いのある企業」という触れ込み自体がそこでビジネスをやる最大のメリットなのです。

ちなみに末節としてですが、アリックスのメリットとしてもう一つ大きいのは報酬プランを挙げられます。少しだけ具体的な話を。

アリックスの報酬プランは還元率が高いというのもそうなのですが、アップラインが自分にダウンをつけなければならない力学が働く仕組みをとっています。(バイナリーって奴)

これが会員を増やす原動力になっています。

よく大手だとアップラインはダウンが15人いるけど、そのダウンすべての人にダウンが一人もいないなんてことがざらにあります。

これはアップラインが自分のダウンにダウンをつけることが一番楽だし収入につながる報酬プランだからです。

しかしながら、ダウンがみんな自走できるならばいいのですが、自走できる人はそれほど多いわけではありません。むしろ10人に1人もいません。

そういった中で、アリックスは組織営業のような形を生み出せる力学を報酬プランに盛り込むことで、自力だけでは少し厳しいと感じているユーザーの心も捉えているのです。

ちなみに、バイナリー自体はその他の会社も幾つか採用していますが、よりアリックスの場合は組織の協力を強化する仕様になっていますので、自分だけではちょっと不安という人にも多大なメリットがあるビジネスだと言えます。

目次にもどる

■アリックスのデメリット

一方で、デメリットについても指摘しなければなりません。

これは、メリットをひっくり返してもらえればいいかなと思います。

アリックスのデメリットは急成長中の企業であるというのは逆にデメリットになる場合もあります。

先ほど勢いはあると言いましたが、正直に申し上げてアリックスは知名度がまだまだ低いです。

あなたがスマホの買い替えでソニーやアップルを選ぶことを考えてみてください。

実際は、中国企業や台湾企業のスマホでも機能がほとんど変わらないのに積極的にソニーやアップルを選ぶのはなぜですか?

やはり知名度に裏付けられたブランド力があるからでしょう。

そういった意味で、急成長中であるということは発展途上であるということも意味しますからアリックスという名前が知られていない中で製品を販売していくというのはそれなりに苦労すると私は考えています。製品力や報酬プランがいいからこそ多くの人を魅了しているのでしょうが、ブランド力というところで相対的にまだまだ古参の企業には勝てません。

ですので、急成長中の波に乗るためにもいち早く多くの製品を使ってみてその革新性や魅力を理解し、それを元に商談ができるかにかかってくるでしょう。

もう一つのデメリットです。

こちらも先ほど挙げた報酬プランのメリットの二面性に言及しなくてはなりません。

デメリットとしては、自分だけでとにかくもうけたい、周囲と協力してというのは面倒だという性格のタイプの人には向かないということです。他社でうまくいっている人などは逆に言えば合わない可能性があります。

バイナリーでは二人の直ダウン以上は収入に繋がらないという仕組みのため自分の傘下に組織を増やしていこうとしても自動的にダウンの方に見込み客が飛んでいく構図になっています。これを嫌う人がいるんですね。

ですので、今話した自分メインでやっていきたいという個人意識の強い方には報酬プランがデメリットに映る可能性があります。

自分の性格タイプ次第でメリットにもデメリットにもなるのです。

目次にもどる

■アリックスに参加すべき人

そういうわけで、私が思うメリットデメリットに基づくとアリックスに参加すべき人というのは会社の知名度に依存せず、自ら製品の魅力をしっかりと伝えていくことができる対人折衝能力のある人だということになります。そうすれば、急成長中ですから、ガンガン乗っていけるでしょう。大手に行くより絶対にいいと思います。

ただ、これは自分で全てやるという意味ではなく、バイナリーですから多少個人の能力に不安があるからといってやらないという意思決定をする必要はないと思います。

今あげたこの条件に当てはまるのであれば、急成長中企業というメリットを最大限生かしブルーオーシャンの市場を取りに行くことができるように思います。

以上、アリックスのメリットデメリットを書かせていただきました。

いかがでしたでしょうか。

おそらく数年後には売り上げを二倍くらいにはする企業だと思いますので、興味があるならとりあえず話を聞いてみることは悪いことではありませんよ。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)