ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

アリックスの勧誘について断り方が知りたい人へ

約 7 分

アリックス

 

最近私が頻繁にブログで取り上げている企業です。

2014年には日本国内で150%を超える成長率を出しており、アリックスは今業界でも話題の高い会社です。

 

今述べましたように売り上げが伸びているということは会員数も同時に伸びているというのは間違いなく全国各地でアリックスのメンバーが販売網拡大に向けて腐心しているということが言えると思います。

 

ということは、アリックスに勧誘を受ける可能性も高まっているのです。

おそらくこちらを見ていただいているということはアリックスに勧誘を既に受けたことがある人、今まさに受けた人も少なくないかもしれません。

 

アリックスに興味がありぜひ会員になりたいという人であればそのまま参加するのが良いでしょう。ただ、すべての人がアリックスに参加したいというわけではありません。

 

そちらについては特に申し上げることはありませんが、アリックスに興味がないけれどもうまく断り方がわからないという人に今日は記事を書かせていただきました。

 

それで悩まれている方の一助となれば幸いです。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

■アリックスの勧誘フロー検証

まず、断り方を検証する上でアリックスの勧誘フローがどのようなものであったかを検証する必要があります。

 

勧誘方法というのは人間がやるものであることを考慮すれば誤った方法を個別にあげるというよりは正しい勧誘フローをあげつつそれがどうだったかどうかを勧誘されたあなたの側で検証していただくという流れにしていただければと思います。

 

アリックスに(限った話でもないのですが)おいては、勧誘手順が決まっています。

まず勧誘行為をして「実際に会う」までに行うべきルールがあります。

それが以下の4点を伝えることです。

  • 自分がアリックスの会員であること
  • アリックスが連鎖販売取引の会社であること(特定利益だけでなく特定負担があること)
  • 実際に会った際にはビジネスの参加を促す予定であること(勧誘目的以外で会う約束を取り付けてはいけない)
  • アリックスの製品の概要(空気清浄機やサプリメントを扱ってますといったもの)

 

要するに誘われる側が会っていきなり驚いたりその気がないのに不快な思いをさせる可能性のあることがないように事前にこれだけは確認しておきましょうねというものです。

どのような状況下であっても、プレゼンテーションをする相手とのアポイントメントでは、まず第一に、「ご自身の氏名」はもちろんのこと、「アリックスの製品」と、「登録料や製品の購入等を伴う連鎖販売取引という形態のビジネスへの勧誘が目的であること」を必ず告げてください。
相手が、「友人同士の単なる食事の誘い」や「異性との食事会」などと誤解してしまうような表現や、「いい仕事がある」「楽しい仕事がある」など、「高収入の職業への就職」だと誤解するような表現は重大な不法行為です。どのような相手であろうとも、どのような理由があろうとも、絶対に行わないでください。

<重要>アリックス ビジネスを行う際の厳守事項

http://ariixjapan.jp/index.php/genshujiko/

アリックスもトップページの上の方でこちらについては記載しており、その遵守の徹底がどれほど大切かはわかるでしょう。

 

さて、あなたに勧誘をしてきた人は上に私が書いた4つを守ってアポイントを取りに来たでしょうか。こちらとても大切です。

 

違反していることはないと思いますが、もし違うなと思った場合はアリックス社に連絡を入れ相談をしましょう。不明瞭に感じる部分があったりする場合もそうです。

 

とにかく不明瞭に感じたりその気でない時にとりあえず始めてみようというのはあまりお勧めしません。入会後トラブルになり勧誘をしてきた側にも後々迷惑がかかる可能性があり誰も得をしませんからね。

 

さて、前段が整った段階で、ようやく本題の断り方について話を進めることができます。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

目次にもどる

■アリックスビジネス勧誘に対する適切な断り方

アリックスビジネスに勧誘をしてくる方が知り合いだったり友達だったりすると断り方をどうしようかと考えてしまうかもしれません。

 

おそらくサークル内の先輩から告白されると断りにくいというのと少し似たものがあるかもしれません。

 

断り方にはいくつか段階があると思います。

アポイントの場での断り方と注文してしまった段階での断り方、商品が届いた後の断り方などいろいろあります。

 

 

さて、まず初めのアポイントの場での断り方です。

こちら法律上は特定商取引法では「再勧誘の禁止」という趣旨の条項があり、勧誘された側が一度明確に「ノー」といえば勧誘する側は勧誘をしてはいけないというものです。

 

ですから、あなたが特段息苦しさを感じないのであれば「ノー」を明確に伝えるだけで十分です。

後でトラブルになった際にも、司法としては誘われた側を擁護する被害者有利の原則が徹底されていますので、特にあなたが断った事実をログとして残しておく必要もありません。

 

 

一方で、その後の関係性を考慮した場合の断り方です。

こちらの人が多いかもしれません。

 

これについては一案としては、「生活が苦しくやりたいのだけれど月々1万円も出せる余裕がないので少なくとも3年はやれない」という言い方にしましょう。

 

これをすると相手は「仕方ないな」と思いますし、そもそも「お金がない」というのは連鎖販売取引の特定負担が負担できないと言ってますから参加条件を満たしていません。

 

結果的に「参加しない」ではなく「参加できない」という言い方ができるのです。

これこそ一番良い断り方だと思います。

 

アリックスビジネスにおいても今時点では興味がないけれども、正面から断るのは気がひけるという人にはこういった断り方をお勧めします。

 

目次にもどる

■終わりに

最後に少しまとめを書きながら終わりにします。

 

まずアリックスの勧誘の断り方というのを考えている方にお伝えしたいのは、「正しい勧誘プロセスが履行されたか」を検証して下さい。そこで不適切なものがある可能性は低いでしょうけれどもあればアリックス社に問い合わせをし相談をしてください。

こういう当たり前のことが守られずに会社自体の業務がストップしたケースが同業他社であります。

 

ですから起きない可能性が0とは言えません。

 

その上で、友人や知人なので断りにくいという場合は、「参加したいけど参加できない」という論法を使うことをお勧めします。

 

その一例として「時間がない」だとそれはなんとかなるといわれる可能性があるので、「お金がない」というのを定量的に話せば一番良いかもしれません。(月に一万円も出せない」など。)

 

以上となります。

アリックスの勧誘の断り方について懸念が払拭されれば幸いです。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

目次にもどる

 

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)