ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ノエビアに勧誘された人が知っておきたい3つのこと

約 9 分

前回ノエビアの記事を書かせていただきましたが、今日は違う角度からノエビアについて書いていこうと思います。

具体的には前回製品のすばらしさに重きを置いてその歴史的経緯なども含め語りましたが、ノエビアは製品だけではなく流通形態にも特徴を持っていましてそちらについての理解もノエビアとは何かを理解する上で避けては通れません。

今日は、ノエビアの流通形態の特殊性、その魅力、懸念点の順に話していきます。

ノエビアのビジネスメンバーに勧誘された人には必見の記事になっているかもしれません。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

■ノエビアの人がなぜ勧誘をするのか?

ここでは、ノエビアの人がなぜあなたを勧誘したのかについて書かせていただきます。

ノエビアというと基本的には代理店ビジネスという形をとっており、代理店申請をして認証された人が販売活動を行えるというものとなっています。

これは、東京海上日動をはじめとした損害保険の業界やNTTドコモをはじめとした通信事業者、コンビニのフランチャイズ事業においても取られているビジネスモデルで、認証されさえすれば誰でも登録企業の製品販売を行いその一部をロイヤリティとしてもらえる仕組みになっています。

ノエビアもまたこの代理店という形をとり多くの会社や個人を代理店として認めることで商品を流通させています。美容業界でもこの形をとる会社は結構あり有名どころでいうとPOLAなどは有名かもしれません。

ただ、これらの一般的な代理店とノエビアは少し違うところがあります。

その違いは連鎖販売取引を取り入れているところにあります。

ノエビアの場合自らの紹介で販売員になった人が販売した売り上げの一部も自らの収入につながることが法的に保障された仕組みをとっています。(特定商取引法の連鎖販売取引の欄を参照ください)だからこそあなたを勧誘するわけですね。

*正確には損害保険や携帯販売も一次代理店、二次代理店のような連鎖の仕組みにはなっているのですが連鎖販売という枠組みではなく個々の代理店が個別に序列を作って傘下に収めていますので連鎖販売とは言えないようです。また連鎖販売の場合自らがある一定程度の金額登録企業の製品を買うことが義務化されているところも異なります。もちろんドコモの代理店の人はドコモを買うことがほとんどですがそれは義務ではなく慣習に止まります。

ノエビアのビジネスは勧誘する側のひとにとっては傘下の販売員にノウハウを共有する代わりに紹介者が販売した収益の一部をバックするという仕組みとなる一方で、誘われた側は平たく言えば、友達に教わりながら一緒に明日からビジネスができるんです。

ですから、あなたを勧誘してきたノエビアの勧誘者がいたとしておそらくあなたとビジネスをすることで収入を得たいというのはもちろんあなたの能力を高く買っている可能性が高いと考えられます。

なぜなら、あなたが販売しなければ勧誘者は儲かりませんからね。

話が長くなりましたのでまとめます。

ノエビアのビジネスは連鎖販売取引という特殊な形態をとっています。

これは、個人が傘下に販売員を増やすことで自分の売り上げからだけでなく傘下の販売員の収益の一部も得られることができる仕組みとなっています。

ですから、ノエビアの化粧品を個人で販売する人は製品を単に売るだけでなく、自らの傘下のメンバーを増やすために優秀な人に声をかけるようになるんです。その結果、あなたを知人が勧誘してきましたということです。

だいたいことの次第が見えてきたでしょうか。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

目次にもどる

■ノエビアの代理店は稼げるのか

さて、この代理店ビジネスをノエビアでやることは儲かるのか稼げるのかが勧誘された側にとってはきになるところですよね。

単刀直入に言えば、私もこの業界にいて思いますが、相当難しいビジネスです。

これはノエビアを批判したいのではなく連鎖販売取引一般に見られる傾向なのです。

どのくらい稼ぐことが容易ではないかをご紹介しましょう。2chのように単に稼げないと批判するものではありませんのでご安心ください。

まず連鎖販売取引で有名なニュースキンを例にあげます。

ニュースキンで報酬を一円以上稼いでいる人(ボーナス獲得者)の割合はどのくらいだと思いますか?

「一円だったら7割くらいいるんじゃない?」

「半分くらいかな?」

「いやそれより厳しそうだから4割くらいじゃない?」

いろいろなことを想像されるかと思いますが、全てハズレです。

正解は2016年度の数値ではありますが、18.3%です。

たった18%程度しかいません。この数値を見て「18%も」となる人はそれほど多くないでしょう。

何せ一円くらい稼ぐのなら、、、と思ってしまうからです。

ソースについては下記のリンクを見ていただければと思います。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Oppotunity/PDFs/summary2016.pdf

この2P目にはこう書かれています。

愛用者を除く、ビジネス活動をするディストリビュータが107000人ほどいるが、そのうち20000人ほどが報酬を得ていると。

大手のニュースキンでこれです。かなり厳しい世界です。

製品を一つも売れなかったり組織を一人も増やすことができない人がかなりいるということなんです。

さてもう一つの業界の巨人のアムウェイを見てみましょう。

こちらはアムウェイより比率が高いです。

以前こちらの記事であげたものを再掲載します。

www.amway-hyouban.com

当時の引用部分を再掲載します。

なお、2015年9月1日から2016年8月末日※までの一年間で3%以上の成績別ボーナスを達成したことのあるディストリビューターは230,137組です。内、各々のディストリビューターが達成した最高ボーナスの%ごとの内訳は次の通り。3%を達成したディストリビューターは106,026組、6%を達成したディストリビューターは50,017組、9%を達成したディストリビューターは33,838組、12%を達成したディストリビューターは16,002組、15%を達成したディストリビューターは8,603組、18%を達成したディストリビューターは2,678組、21%(有資格SP未達成)を達成したディストリビューターは5,190組、21%(有資格SP達成)を達成したディストリビューターは7,783組いらっしゃいます(2016年8月末日現在のディストリビューター数は699,175組です)。

法定広告記載事項

https://www1.amwaylive.com/psl/houtei/index.html

ディストリビュータ699,175組(2016年8月末)という数値と成績別ボーナスの一番下のランクである3%ボーナス獲得条件を満たした人の人数である230,137組という数値を見てください。

これで、アムウェイで月収を一円でももらえている人の割合がわかります。

計算すると約32.9%のアムウェイディストリビュータが一円以上のボーナスを獲得しているのです。

ニュースキンよりは高いと言えるかもしれません。ただ、それでも3割ちょっとです。

ちなみにこれはフェアな比較ではないのでアムウェイの方を持ちますとアムウェイの場合はニュースキンと異なりボーナスをもらうのに必要なポイントの計算に自分の購入分が計算可能です。ニュースキンは紹介者からのポイントの合計のみです。

つまり、アムウェイは最悪自分である程度買っちまえば報酬を一円もらうというラインは突破できます。

さて、ノエビアの話に戻りましょう。

ノエビアは連鎖販売取引が世間的にあまりイメージが良くないことから大ぴらに情報を公開していません。ホームページにはほとんど書かれておらず、初めて見た人は連鎖販売取引をやっている会社だと気付かない人も多いと思います。

ただ、ノエビアもアムウェイやニュースキンのような会社を見るとわかるのですが、3−4割程度の人が報酬を少しでも得られているという可能性が高いです。つまり、半分程度の人はノエビアの製品一つでもうることに苦労されている可能性が否定できないということです。

この辺りは開示してもらいたいですが、憶測に止まりますので参考程度に理解頂けますと幸いです。

目次にもどる

■ノエビアの会員になる前に知っておきたいこと

最後にノエビアの勧誘に対して製品などへの興味も含め代理店メンバーになろうと考えている人に知っておいたほうがいいかなと思うことを書きます。

一つは今しがた述べてきましたが、「簡単に稼げるビジネス」では断じてないということです。

業界トップの会社で過半数を大きく超える人が報酬を一円も得られていないという事実を見たときノエビアがこれとは異なり参加すれば誰でも少しは稼げるということは考えにくいのが現状です。

それゆえに人一倍の努力と工夫が求められることでしょう。

二つ目は、これも少しだけ触れましたが連鎖販売取引やダイレクトセリングと呼ばれるものは何かとイメージが悪いです。私もこの業界にいるので風評被害を受けますが、社会的にイメージが悪いのはある程度仕方ないかなとそこは織り込んでいます。

直近でも連鎖販売取引を採用している大手のフォーデイズとナチュラリープラスが業務停止になりました。

ヤフーのコメントでは誹謗中傷がすごかったのを私は覚えていますが、毎年どこかの会社が摘発されていることは否定できません。

ノエビアに関してはそのような摘発には過去に至っていませんが業界としてそいう状況であることは知っておいたほうが良いと思います。

最後です。ノエビアに勧誘されて前向きに考えている方はまず法律の基礎を学びましょう。

特定商取引法の連鎖販売取引の項目と医薬品、医療機器等法二つに関しては基礎を押さえておかないとビジネスを始めたときに絶対にトラブルを起こします。

先のフォーデイズやナチュラリープラスも会員による法律違反行為が消費者庁にタレ込まれて追い込まれました。

それくらい法令順守意識がまだまだ徹底されていない業界なのです。

ベルセレージュなどのように一部かなり意識の高い会社もありますが、まだまだこれからという会社もほとんどです。

私もこの業界に来る人に「まず何をすべきか」と聞かれたらこの法律の基礎を知ろうと伝えます。それくらい重要なんです。

放っておくと会社傾きますからね笑

以上、ノエビアに勧誘された人が知っておきたい基礎的な事項について書かせていただきました。

いかがだったでしょうか。

ノエビア自体は世間的にも知名度の高い眠眠打破などがあり商品自体は他社の連鎖販売取引よりは売りやすいものが複数あります。

まずはそういった製品の紹介から代理店ビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。

ノエビアビジネスでの健闘を祈ります。

お読みいただきまして誠にありがとうございました。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

目次にもどる

About The Author

りんご大好きおばさん
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)