ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

フォーデイズはなぜ営業停止の噂が立っているのか?

約 4 分

【無料】ダウン1人構築に友達何人から嫌われるのかの試算を大公開!

 

 

最近、ネットの検索で「フォーデイズ 営業停止」というものが急上昇しています。

 

f:id:zyunn14641:20161009172616j:plain

たしかに、フォーデイズのいるネットワークビジネス業界は業務停止になった会社は結構大手でもあります。

 

 

 

最近だとニューウェイズ(モデーア)とナチュラリープラスですね。

これらは、行政によって業務停止命令が実際に出ました。

 

 

ニューウェイズは元業界3位で、ナチュラリープラスは直近業界3位のマンモス企業です。

 

 

しかし、フォーデイズ営業停止はしていません。

 

ではなぜ、フォーデイズ営業停止という検索をされているのでしょうか。

 

 

 

今日は、その噂について考えてみたいと思います。

原因は三つ考えられます。

 

  1. 噂のルーツ①ー薬事法違反の噂が絶えない??
  2. 噂のルーツ②ー特定商取引法違反の噂があり
  3. 終わりにー今試されるビジネス実施者のモラル

 

1.噂のルーツ①ー薬事法違反の噂が絶えない??

フォーデイズ営業停止を誘引しているものとして「薬事法違反」の可能性を指摘することができます。

 

具体的にいうと、これはフォーデイズに限らず、アムウェイやニュースキンでも言われているのですが、勧誘者がサプリメントの効能に「薬剤」にまつわるものを述べてしまっているということが挙げられます。

 

 

 

具体的には以下のようなものが有名です。

  • 老化しなくなる
  • 癌が治る
  • アトピーが治る
  • 風邪をひかない

 

普通に考えれば「怪しい」となるものですが、フォーデイズの勧誘者もセールストークがうまいので、以外と騙されてしまいます。

 

 

私も某MLMの会社の説明会で「認知症にならない」といったサプリの話を聞いて「すごいな」と騙されていました。

 

 

これは事実の可能性は確かにあります。

しかしながら、断じてそれを口に出してはいけないというのが法治国家の日本においてはルールになっています。

 

 

個人的に「そういう経験をした」といったくらいであればギリギリセーフだと思いますが、過剰に一般化した説明がフォーデイズにおいては横行している可能性が高いと言えます。

 

でなければフォーデイズ営業停止というは立たないでしょうからね。

 

 

2.噂のルーツ②ー特定商取引法違反の疑いあり

もう一つフォーデイズ営業停止のルーツとして考えられるのが特定商取引法違反の疑いです。

 

特定商取引法は、連鎖販売取引(ネットワークビジネス)についてルールを整備しているものであり、これにフォーデイズの営業活動も准ずる必要があります。

 

 

しかし、フォーデイズ勧誘者は、しばしば特定商取引法を違反してしまいます。

というのも、特定商取引法に準じて「対面口コミ」による愛用者の獲得は極めて不可能に近いからです。

 

 

というのもネットワークビジネス自体の評判がかなり悪いこともあり、直接「ネットワークビジネスである」と言った瞬間には「ねずみ講しね」と言われるだけです。

 

ですから、何としても「ネットワークビジネス」という言葉を最後の最後まで伏せて話を進めたいというのが勧誘者真理なわけです。

 

 

 

 

フォーデイズにおいても「これはネットワークビジネスの勧誘である」といったことを事前に告げずに、別の目的で呼び出し勧誘をしているとしばしば耳にします。

 

 

3.終わりにー今試されるビジネス実施者のモラル

フォーデイズ営業停止にまつわるが本当になるかは会社以上にビジネスメンバーのモラルにかかっていると言えます。

 

 

こういう噂が一度出始めると実際に業務停止になっているように思います。

今やインターネットですぐに情報が広まる社会です。

 

 

そういった中で、フォーデイズ営業停止がたたないように必死に取り組むことがこれからの何年かを見据える上で最も重要だと思いますね。

 

 

 

まあこれはネットワークビジネスというビジネスが持つ構造的欠陥なので業界全体として取り組む必要のある問題だと思いますけどね。

 

【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)