ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【コラム】ネットワークビジネスに将来性なんてあるのか

約 6 分

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

 

ネットワークビジネス

 

 

これは社会人になった人が一度は通る道と言っても過言ではありません。

 

ただ、ネットワークビジネスの評判というものほどすっぱり意見が対立するものはありません。孔子の中庸なる概念はないのかと言いたいばかりです。

 

 

具体的に言うと。

ネットワークビジネス実施者に将来性を聞いたら絶対以下のように言うでしょう。

 

  • 21世紀最大のビジネスチャンス
  • やるかやらないなんて選択肢がない。やるかやるかでしょ。
  • 不労所得欲しくないの?あれさえあれば遊んで暮らせるよ。

 

 

一方で、ネットワークビジネスをやっていない人やネットワークビジネスを辞めた人に将来性を聞くとどうなるかというと正反対の答えが返ってくるわけです。

  • あれだけは手を出さないほうがいい
  • あれねずみ講だよ。
  • お願いだからあれには手を出さないほうがいい。借金を作るだけ

f:id:zyunn14641:20170311232443j:plain

情報とは常に屈折したものであると述べたのはウォルターリップマンでした。

このように、われわれの世論が問題とする環境はさまざまに屈折させられている。情報の送り手のところでは検閲と機密性を理由に、また受け手のところでは物理的、社会的障壁によって、あるいは不注意によって、言語の貧しさによって、注意力が散漫なことによって、虫の居所によって、疲労や涙、暴力、単調さによって、環境は屈折させられている。そしてそうした環境への接近を遮るさまざまの制限は、事実そのものの曖昧さや複雑さとあいまって、明晰な正しい認識を妨げ、実際に即した観念の代わりに判断を謝らせやすい虚構を充当し、意図的に誤った認識に導こうとしている者たちに対する適切なチェックをわれわれにさせないのである。

ウォルターリップマン『世論』

 

 

情報は常に屈折させられています。

そんな中で将来性について知りたいという人に、いい面も悪い面も知った私から一つの情報を今日は提供できればと思ってます。

  1. 将来性ー光の面
  2. 将来性ー闇の面
  3. 将来性があるかはどうすればわかるのか

 

将来性ー光の面

まず、ネットワークビジネスにネガティブな印象を持っている人に言いたいのはやはり光の面はあるということです。

 

 

具体的に三つ私が将来性があると言える理由をあげましょう。

  • ビジネスの初期投資が少ない
  • 権利収入が得られる
  • 後から入った人でも逆転できる

 

一般的に会社を起こすとなった場合、いくらネット社会でコストが下がったと言っても数百万は必要だと言われています。つまり、それがなければビジネスはできないのです。

 

 

しかしながら、ネットワークビジネスの場合、悪質な場合を除いて、1万5000円ほど払う能力があればビジネスを行うことができます。

 

これは、極めて低いハードルで頑張れば大学生でもなんとかなる金額です。

(大学生は参加を許さない会社が多いですが、、、)

 

 

他にそのような資本金でできるビジネスがあるでしょうか?

あまりないと思います。転売やらアフィリエイトなどは確かにもっと低くてもできますけども。。。

 

 

そして何よりも魅力なのが、権利収入です。

アフィリエイトやら転売屋らが初期投資がネットワークビジネスよりもすくなかろうとも魅力にかけるのは権利収入型ではなく労働集約型だという点にあります。

 

この違いは、ある一地点になれば、一切何もしなくてもお金が入ってくるネットワークビジネスと異なり、アフィリエイトなどはあくまで書き続けなければすぐに収入がなくなります。

 

 

最後ですが、後から入った人でも逆転できるというのは大きいです。

今から銀行やら自動車メーカーらを作っても成功するのは無理ですが、ネットワークビジネスではそのようなことは一切ありません。実際後から参加した人が多く先に参加した人を追い抜いています。

 

 

ここはネガティブな印象を持つ人はよく否定しますが、ここにこそ将来性があると言える大元の理由があります。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

将来性ー闇の面

一方で、もちろんアンチの人たちが言うように将来性があるなんて疑わしいとも思える事実も山のようにあります。

 

ここでは三つだけあげましょう。

  1. 評判自体が悪すぎる
  2. 市場自体は成長停滞
  3. 悪質セミナービジネス

 

まず一つ目が、このビジネスの評判自体の悪さが挙げられます。

 

ネットの普及も相まってその拡散力たるや私も驚くばかりですが、今は誘われる前からネットワークビジネスやその中の有名企業も知っていることが多いです。それほどに人々に警戒されるのが現代社会におけるネットワークビジネスの立ち位置です。

 

 

これは将来性が疑わしいと考える一つの材料と言ってもいいでしょう。

 

二つ目が市場規模の停滞が挙げれます。

 

一時期は大きく下降し、一時は一兆円市場と言われていた面影がないところからは持ち直したものの業界自体が成長曲線からは程遠い状況にあるのは事実です。

 

これは将来性が危ぶまれる指標として客観的な事実であるため目をそらすわけにはいきません。

ただ実態としては、二極化が進んでいるという気がしますね。

 

大企業であれ中小であれ一瞬で消えていく会社がわんさかある一方で、着実にメンバーを増やしている会社もあります。

 

 

最後ですが、悪質なセミナービジネスです。

これをやっているネットワークビジネスが未だに多いですが、悪質なセミナーをやっている会社ほど衰退が目に見えています。

 

洗脳でもしなければ引き止めができないのでしょう。

 

 

将来性があるかはどうすればわかるのか

結論としては、客観的な数値としては将来性があるとは言い難いという事実がある一方で、感情的に受け付けられないという心理的なバリアーを取り除くことができればネットワークビジネスにはまだまだ将来性があるということです

 

 

それ故にこれからのネットワークビジネスは今までのようにやっていてはダメだということです。

 

今までとやり方を変えられるかどうかということが、そのまま将来性にもつながっていきます。

 

 

もしあなたがネットワークビジネスに興味があるのであれば、その誘われているネットワークビジネスが従来のやり方に必要以上に拘泥していないかというところに着目してみてください。

 

 

 

以上、ネットワークビジネスの将来性に関するコラムとなります。

お読みいただきましてありがとうございました。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)