ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

東京都内の読書会に20代の向上心ある人たちが行くことへの警告

約 6 分

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

20代をいかにして過ごすかで人生が決まると多くのビジネス書で書かれているのをご存知でしょうか?

30代から上に上がっていく人は、30歳でタイマー的に突然才能が開花するのではなく、20代の頃から何かしらの準備をしていた人だと言われます。

それに加えて、最近、日本では医療崩壊や年金破綻が噂され国がいざという時に助けてくれるようなものではないということが白日のものになりつつあります。

そういった意味でも一人で生きていけるように20代の頃から勉強をしておかなければならないというわけです。

そこで、最近20代に人気なのが読書会です。

今日は、この今20代に話題の読書会について書いていきたいと思います。

  1. 読書会とは何か?
  2. 20代に読書会が人気の理由。
  3. 読書会には裏筋がある。

1.読書会とは何か?

読書会というのはとにかく一言で言うと「本が好きな人が集まる場所」であったり、「いろいろな本を知って自分を成長させたい人が集まる場所」なのです。

「向上心が高い人が集まる場所」とも言えますね。

読書会はやり方には結構いろいろあって好きな本を参加者が持ち寄って紹介するというものからみんなでその場で一冊の課題本を読むというものもあります。後者はいわゆるフォトリーディングというものです。

他によく見るのは、事前に課題図書があって読んできて話し合うというものもありますね。

東京都内には読書会がたくさんあり、グーグルの検索上位にくるものは結構いつも満員で賑わっています。

私もたくさんの東京都内で開催されている読書会に参加しましたが結構楽しいものが多かったです。

中でも注目すべきは年齢層がとても若いのです。

参加者が20代ばかりのものもかなりたくさんあり世の中の若者の向上心の高さには驚かされるばかりです。私なんかは、向上心があまりにも低いのでどうしてこんなに今時の20代は向上心があるのだろうと読書会の参加者を見て驚いたものです。

2.20代に読書会が人気の理由

では、なぜ20代はこれほどまでに読書会に行くのかを見ていきましょう。

  • 神田昌典が読書会を勧めているから
  • 読書を通して生き方が変わるから
  • あらゆる著名な人が読書を進めているから
  • みんなで学び合うことが楽しいから
  • 向上心の高い人に出会うことができるから。

どれだと思いますか?

ちなみに20代読書会に参加している人に話を聞けば上記のどれかを言ってくれるでしょう。

ただ、結論を述べると全て嘘です。

ではなぜ20代読書会が人気なのかを一言で述べましょう。

それは明快で「ネットワークビジネスに勧誘するため」です。

これ以外ありません。

ネットワークビジネスへの勧誘こそ多くの読書会の開催目的です。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

f:id:zyunn14641:20160901164957j:plain

あなたはもしかするとネットワークビジネスという言葉を初めて聞いたかもしれません。 20代で社会人になったばかりの人だとアムウェイやニュースキンと言っても名前すら聞いたことがないかもしれません。

そういう人向けに基本的な説明を少しだけします。

ネットワークビジネスとは、連鎖販売取引と法律上では規定されているもので、平たく言うとマルチ商法です。

自分が製品を愛し、それを自分が誰かに紹介するというビジネスです。

よく勘違いされますが、「マルチ商法 」というのは合法のビジネスなのでご安心ください。

「えっ?それと読書会に何の関係があるの?」

とこれを読んでいて感じているかもしれません。

結論から言うと、大アリです。

ネットワークビジネスでは紹介するたびにコミッション(権利収入)が手に入るわけですが、通常自分の既存の人間関係というのはせいぜい100人いれば多い方です。

アムウェイやニュースキンのサイトでビジネスの進め方を見ると「友人に勧める」というのを柱にすることを推奨していますが、無限に友達がいる人などいるわけがありません。

つまり、人脈が枯渇した瞬間続けられないという致命的な欠点を持つビジネスなのですが、読書会20代を集客すると自分の友達や知り合い以外が来ますから人脈が無限にできるわけなのです。

ネットワークビジネス評論家として多くのネットワーカーから聞く最大の悩みが「人脈が尽きる」というものなのですが、読書会はこれを解消してくれる画期的なやり方なわけですね。

これを考えた人は相当頭のいい人だと思います。

主催者は「知的なイベントを開催している」わけですから、尊敬されやすくなるというおまけまでついてきますからね。

しかも読書会に来る人は基本的に冒頭に述べたように問題意識が高く「会社に依存したくない」「独立したい」という人が多いため、とにかく読書会をつかって集客をするのはとてもとても理にかなっているのです。

3.読書会には裏筋がある

私は、ネットワークビジネス自体を否定しません。

21世紀において多くの人が小資本でスタートできかつ成功できる可能性を秘めている素晴らしいビジネスです。

しかし、読書会を通してネットワークビジネスに誘うことはあまり感心しません。

というのも、読書会からネットワークビジネスに急に勧誘するのは不実告知という法律違反だからです。

東京都内読書会では今盛大にこの不実告知によるネットワークビジネスへの勧誘が後を絶ちません。

特定商取引法では、必ず勧誘に先立ち「私はネットワークビジネスをやっていて、ぜひその話をさせて欲しい」ということを伝えることが必須なのですが、それをしていないのです。

これが結構問題で、20代の方で法律を知らない人が周囲の真似をして問題のある勧誘行為を度々しているのです。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

ちなみにですが、すべての読書会がネットワークビジネスの勧誘場所ではありません。

感覚値ですが、半分くらいです。

そこで見分け方が重要になるわけですが、それは下記記事に譲りたいと思います。

 

なぜ読書会をネットワークビジネス実施者は勧誘に使うのか?

 

私は東京都内しか知りませんが、大阪なども含め結構全国各地であるみたいなので、ネットワークビジネスに興味がない人は気をつけてくださいね。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)