ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ニュースキンの年会費って結局どれだけかかるの?

約 4 分

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

「ニュースキンビジネスやってみない?そんなにお金かからないよ」

 

f:id:zyunn14641:20160923112240p:plain

 

そう言われておそらくあなたはニュースキンって不労所得が手に入るしやってみようかしらと考えたのではないでしょうか?

 

 

ただ、年にどれくらいかかるのかというところですよね。

今日は、その詳細についてお話しいたします。

  1. ニュースキンの入会金
  2. ニュースキンの年会費(概算)
  3. ニュースキンビジネスをやるにあたり知っておきたいこと

 

 

1.ニュースキンの入会金

ニュースキンは4500円の入会費を払えばビジネスができる!だからやらない理由がない」

 

 

そういう風に、ニュースキンのセミナーでチームエリートの人たちは言います。

確かにこの入会金さえ払えばディストリビュータになることができます。

 

 

ただ、お待ちください。

これだけで「金儲け」ができるわけではありません。

 

 

ニュースキンを始める方が勘違いをして後でトラブルになったりするのですが、この4500円を払うだけで金儲けをずっとできるということではありません。

 

 

ここをよく勘違いしている人が本当に多いです。

セミナー主催者がそう理解するように仕向けていたのかと思うほどにニュースキンでは4500円払えば金儲けできると思っています。

 

本当の年会費はこんなものではありません。

少なくとも製品を買わなければなりません。

そこで詳細を次に話していきます。

 

2.ニュースキンの年会費(概算)

ニュースキンでは実際どれくらいは年会費としてかかるのかを書いていきます。

固定ではありません。人それぞれ製品の購入量により変動します。

 

規定上はもちろん製品を購入しなくても紹介者からのコミッションはもらえますが、自分が製品の良さがわからないにもかかわらず、販売するなど原理的にはありでも実態としてはありえません。

 

 

それゆえ、ニュースキンではほとんどの人がADPで参加します。

 

このADPというのは定期購買で、一定金額以上買えば配送料が無料になるというものです。

 

 

だいたい額面としては2万円程度です。

つまり、ほとんどのニュースキンディストリビュータは少なくとも、年間24万円は製品を買っているのです。

これはあくまでかなり低めに読んでいます。

 

多い人であれば、60万ー70万くらいは使っています。

 

 

もう一つがセミナーです。

こちらは強制ではありませんが、ビジネスをやるからには来るべきであるという風潮はあるため、半ば強制と言ってもいいでしょう。

 

これが、1回1500円で週に一回はあります。これもかなり低めに読んでいますが、これだけで、一応月に6000円で、年に72000円はかかります。

 

私の知っているグループ(HSCなど)では平均2回くらいはあるので、15万くらいは年会費として読んでおいたほうがいいでしょう。

 

 

ビジネスは投資なしには見返りはありませんからまずは少なくとも年会費として30万円払う覚悟は持っておいたほうがいいです。

 

 

*ちなみに海外遠征や合宿なども年に3回ほどあるので、それを入れれば、もう少し上がります。

 

3.ニュースキンビジネスをやるにあたり知っておきたいこと

アカギの名言にもありますが、「リスクなしで大金せしめるなんてずうずうしいですよ」ということが私がニュースキンを始める人に伝えたいことです。

 

 

年会費4500円で月収100万を目指せる」口には出さずともそういったことを考えている人がどれほど多いことか。

 

 

 

ある程度の費用はかかるということを自分なりにも計算した上でビジネスに参加してください。

その覚悟がある人ほど成功できると私は思うのです。

 

 

ニュースキンという会社の製品がいかに良くてもそれを買う人が一人もいないで金儲けができないというのは少し考えれば分かる話なのですけどね。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)