ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【コラム】アムウェイってノルマあるの?

約 5 分

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

アムウェイ

f:id:zyunn14641:20160923112208j:plain

 

 

というと多くのミリオネア(億万長者)を生み出してきたネットワークビジネス界のドンであることはこのブログでは度々述べてきました。

 

 

そんなアムウェイに魅了されて「私も初めてみようかな」と思う人が多いようです。

そういった「やろうか迷っている人」にとって一つのキラートークがあります。

 

 

それは、「アムウェイにはノルマがないので、安心してビジネスができる」というものです。果たしてこれは本当なのでしょうか。

 

 

今日は、その実態について書いてみます。

  1. アムウェイにノルマはあるのか。
  2. なぜアムウェイはノルマがあると煽られるのか。
  3. アムウェイをやる上で気をつけるべきこと

 

1.アムウェイにノルマはあるのか。

まずは、ノルマの有無についてアムウェイ自体の言い分を聞きましょう。

アムウェイのホームページでは以下のようなQ&Aがあります。

 

どれくらいのノルマが課せられますか?​
​ ​
A​ ノルマは一切ありません。
アムウェイ・ビジネスの主役であるディストリビューターとして活動するということは、独立事業主としてアムウェイのブランドを活用して事業を展開することです。従ってアムウェイ・ビジネスは、時間を自分で自由にコントロールしながら行動できるビジネスでもあります。このようなアムウェイ・ビジネスの内容からも分かる通り、当然、ノルマは発生しません。活動地域にも制限はありません。いつでもビジネスが可能です。これはアムウェイがビジネス三原則の一つとして「自由」をうたっているからです。同じく三原則には「安全」を掲げています。これにも、ノルマがないという事実に加えさまざまな裏付けがあります。スタート資金は初年度年会費の3,600円のみであること(別途、資格更新時に3,600円の年会費が必要。いずれも消費税込み)、しかも初年度年会費は資格有効期間内に解約手続きをすれば、解約時には登録期間の長短を問わず全額返還されることなどです。

どれくらいのノルマが課せられますか?|Amway(日本アムウェイ合同会社)

 

アムウェイは結論から言うとノルマがないと断言しています。

そのあと色々書いていますが、根拠としては「ディストリビュータ自信が時間や購入金額をコントロールできるから」というのが言い分です。

 

 

そして年会費も辞める場合には全部返しますよということも言っており、自由に安全にビジネスができるではないかというのがアムウェイの言い分みたいですね。

 

これに関しては確かに言う通りだと思います。

 

ネットワークビジネスは勤務時間も決まっていませんし、場所も問いませんので自由なビジネスです。そして個人に大きな裁量が委ねられています。

 

ただ、私はこの原則が遵守される限りにおいてノルマがないと思うだけです。

それはつまり、原則から逸脱すれば事実上ノルマといってはばからない仕組みがあるということです。

 

それを次に見てみましょう。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

​2.なぜアムウェイはノルマがあると煽られるのか。

アムウェイアムウェイ側の主張とは裏腹にノルマがあると煽られることがよくあります。

 

これはどういうことなのか。先ほどまでアムウェイの言い分を聞けばノルマがないはずだとなるわけです。

 

 

どういうことか話しましょう。

確かに、制度として「ノルマ」があるわけではありません。

 

しかしながら、自分からノルマを課す人がいるのです。

 

そんなバカなことをする人がいるのか?と言われそうですが、いるのです。

 

なぜなら、ネットワークビジネスでは、欲しい収入を得るために必要な売上目標額が設定されています。それ故にその金額を維持したければそれだけ売上を上げ続けなければなりません。

 

これが、ある一面から見れば「ノルマ」な訳です。

 

 

会社としてはもちろん課していないので制度としての「ノルマ」はありませんが、個人が自分から作り出す「ノルマ」は多くの人は背負っているのです。

 

もちろん入りたての人であればそこまで心配することはありませんけどね。

 

3.アムウェイをやる上で気をつけるべきこと。

私がアムウェイをやろうか考えている人に言いたいのは、「楽して稼げる」という発想は持ってはいけないということです。

 

ネットワークビジネスではどうも「不労所得」「権利収入」といった言葉が全面に出されさも稼ぐのが簡単であるかのような印象を与えてしまっていることがあります。

 

私は、同じ業界にいる人間として絶対に「楽して稼げる」という事実はないということを断言します。

 

 

そしてそれを長く継続して稼ぎ続けることはとても大変です。

毎月10万円欲しければそれに見合う売上を上げ続けなければなりません。

ということは自分自身に売上ノルマを課さなくてはらないのです。

 

 

私は、ノルマという言葉をネガティブには見ていません。

一定のリターンが欲しければ当然進んで背負うべき当然のものだと思っています。

 

 

これはアムウェイ以外のどこの世界に行っても言えることです。

 

これがアムウェイに気軽に入ろうとしている人に伝えたい警告です。

そう甘くないと思って参加することでより成果が出るのではないでしょうか。

 

 

あなたのアムウェイでの成功を祈っています。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)