ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

インバウンド型でビジネスを副業として手軽に始められる方法

約 5 分

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

インバウンド

 

 

という言葉をご存知でしょうか。

最近話題となっているバズワードだったりします。

 

 

なぜこれほどまでにバズっているのかというと、多くの企業が今ビジネスモデルをインバウンド型でしようと試行錯誤しているからなんです。

 

今日は、現在注目のインバウンドビジネスとはなんなのか?ということをお話ししつつあなたでも始められるインバウンドビジネスを最後にご紹介いたします。

  • インバウンドビジネスとは何か。
  • インバウンド型のメリット
  • インバウンドをあなたが副業で始める1つの方法

 

1.インバウンドビジネスとは何か。

そもそもインバウンドビジネスって何よ?

 

という人もいるかと思いますので、簡単にインバウンドビジネスとは何かをお話しいたします。

 

これは一言で言えば、「カウンターセールス」(待ちの営業)と呼ばれるものです。

 

巷で「営業」という言葉が使われる時は基本的にアウトバウンド型の営業をイメージされることが多いかと思います。(電話をしたり、飛び込みをしたりみたいな。。)

 

しかし、インバウンドセールスというものはこう言った営業を一切しません。

 

例をあげましょう。

例えば、不動産の賃貸仲介や保険の代理店、カーディーラーなどはその代表例です。

 

f:id:zyunn14641:20170226202711p:plain

あなたの家に突然「賃貸借りませんか?」「車買いませんか?」なんて電話が来たり訪問できたことがないのではないでしょうか?(一昔前はあったみたいですけど)

 

 

とにかく「お客様からの問い合わせ」まで動かないのです。

これがインバウンド型のビジネス最大の特徴です。

 

 

ただ、気をつけるべきこととしてはインバウンドのビジネスが「お客様からの問い合わせ」まで何もしないということは意味しません。

 

 

 

問い合わせがあるようにマーケティングをしっかりと仕掛ける必要があります。

広告掲載なんかがその例ですよね。これはそれなりに大変です。

 

 

2.インバウンド型のメリット

で、インバウンド型のビジネスのメリットなのですが、これは大きく2つあります。

 

まず、1つが、「興味がある人」だけにアプローチをするためにお客様から嫌われるということがないというところです。

営業マンもメンタルをすりへらしてやる必要がないという副次的な効果があります。

 

 

それが2つ目につながるのですが、「興味がある人」だけにアプローチすると契約までの率が上がるというところも大きいですね。

 

無駄に浪費する時間が圧倒的に少なくなり経営者側からすれば営業成績向上と時短を同時に達成できます。

 

 

それ故に昨今のベンチャーやスタートアップ系のビジネスでは「営業」というとインバウンド型のものがほとんどなのをご存知ですか。

 

なぜなら、アウトバウンド型のビジネスは人がたくさん必要になるからです。

実は、人海戦術が使える大企業などでないとできない所業なのです。

 

 

まあ現在は大企業もアウトバウンドで営業をやる事は随分と減りましたけどね。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

3.インバウンドをあなたが副業で始める1つの方法

 

最後にインバウンドのビジネスを実際にやってみたい・興味があるという人に誰でも副業から始められるビジネスをご紹介したいと思います。

 

 

それは私がやっているものなのですが、インターネットでネットワークビジネスをやるという手法です。

 

 

ネットワークビジネスというと「マルチまがい」「ねずみ講」「犯罪者」というイメージが何かと付きまといますよね。

 

あなたもこれを見てドン引きしているかもしれません。

 

 

ただ、実はネットワークビジネス自体は違法でもなければそれ自体が悪なのでもありません。

 

あれの評判の悪さには明確な理由があります。

その根本原因はアウトバウンド型のやり方をメンバーの人がやっていたことにあります。

 

 

ネットワークビジネスに参加している90%以上の人が「友達を無くす」と言われていますが、それもそのはずで「興味がない人」にもアプローチをしているからなのです。

 

 

アウトバウンド型でうまくいく人というのはコミュニケーション能力を筆頭に相当能力が高い人だけです。

 

 

もう一度大切なので言いますと、ネットワークビジネス自体が悪いのではなく、「興味もない人」に手当たり次第に声をかけるというアウトバウンド型のやり方に問題があるだけです。

 

 

ネットワークビジネスもインバウンド型のビジネスで展開すれば上手くいくということです。

 

 

 

これを私も参加してみて驚いた次第ですが、

インバウンド型にビジネスを実施することで、先月は一人の友達に声をかけることなく、34名の方から問い合わせをいただきその中から契約につながりました。今月も24名現時点で問い合わせをいただいています。

 

 

 

もしインバウンド型でビジネスを実施やってみたいという方は下記リンクより無料で配信されますメールセミナーがございますので、一度ご登録してみてください。(偽名でも構いませんよ)

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

 

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)