ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【池◯先生緊急解説】ネットワークビジネスにはまる人の特徴

約 6 分

ネットワークビジネス

 

 

その体たらくを書けば、六法全書と同じ分厚さにもなります。

 

 

 

 

もちろんまともな会社もある一方で、ほとんどが荒唐無稽です。

 

 

 

 

ただ、なぜ多くの人たちは、ネットワークビジネスはまるのでしょうか?

 

 

今日も池◯先生に解説いただきます。

 お願いします。

 

池◯先生!!

 

 

 

 

どうも池◯先生です。

f:id:zyunn14641:20160901114825j:plain

 

これからネットワークビジネスはまる人特徴を説明していきたいと思います。

 

  1. 理解力を欠いている
  2. 現在の生活に絶望しており現実逃避している
  3. 共通の理想と犯罪を共有している

 

 

 

1.理解力を欠いている

はいまず一つ目のはまる人特徴です。

 

 

20世紀最高の小説である『1984』にはこう書かれているんですね。

 

どれほど現実をないがしろにしようが、かれらにならそれを受け入れさせることができるのだ。かれらは自分たちがどれほどひどい理不尽なことを要求されているかを十分に理解せず、また、現実に何が起こっているかに気づくほど社会の出来事に強い関心を持ってもいないからだ。

理解力を欠いていることによって、彼らは、正気でいられる。

ジョージ・オーウェル『1984』 

 

 

先生はここを読んだ時まさにネットワークビジネスにも言えると思いましたね。

 

 

 

 

「友人・知人を百人リストアップしろ」

「もっと製品買わないと成功しないよ」

「みんな月5万くらいは買うのが普通だよ」

 

 

 

どれほど理不尽なことをネットワークビジネスのアップラインが要求しているかに気づいていなんですね。

 

この「理解力を欠いていること」こそが、はまる人間特徴です。

 

 

理解力を欠いているからこそ「みんながこうしている」からという理由だけで荒唐無稽かつ途方もないデタラメを受け入れてしまっているのです。

 

 

2.現在の生活に絶望しており現実逃避している

 

つ目のはまる人特徴です。

 

 

19世紀最大の哲学者ニーチェはこのように言っているんですね。

 

群れを形成することは、鬱状態との闘いにおいては大きな一歩であり、勝利である。共同体が成長すると、共同体のうちの個人においても新たな関心が育ってくるのであり、個人はこうした関心の力で、彼が抱く不満の中でもっとも個人的な性格のもの、すなわち自己への嫌悪・・を超越できるようになるのである。

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ道徳の系譜』 

 

 

ニーチェは個人が共同体に入ることで自己嫌悪していたことを忘れられると言っているんですね。

 

なぜかというと共同体に入ると新たな関心を持つことができるからなんですね。

 

 

 

ネットワークビジネスに参加している人もほとんどがこの人たちですね。

 

 

 

「成功したい」と言っているだけで、行動に移さずにそこに集まった同じような人間と戯れているだけです。

 

 

単なるメンヘラで人間関係依存症なのです。

 

 

 

だからネットワークビジネスはまるというよりは現実逃避にはまる人が一定数いるということですね。

 

 

3.共通の理想と犯罪を共有している

つ目のはまる人特徴です。

 

20世紀最大の虐殺を行ったヒットラーはこう言っているんですね。

 

ヒットラーは1923年という非常に早い時期に既にこう述べている。ー人間を強固に結びつけるのは二つのものだけ、すなわち「共通の犯罪と共通の理想」である。

ハンナアレント全体主義の起源』

 

 

 

 理想というのは言うまでもなく『金持ち父さん』になることですね。

 これは無害なので構わないのですが、もう一つが厄介です。

 

 

 

犯罪を共有しています。

 

 

 

 

ネットワークビジネスには残念ながら犯罪と言っていいことが横行しています。

なぜ彼ら・彼女らは罪の意識を感じないのか?

 

 

 

それは、一度犯罪に巻き込まれて外部世界から隔離されたからなんですね。

 

少なくともナツィ運動が犯した殺人は・・・・全体主義の幹部によって喜んで認められ公然と宣伝されており、したがってすべてのメンバーに犯罪の責任があることは疑う余地がないからである。精鋭組織とその殺人行為が果たすべき任務というのは、運動全体を外部世界から・・孤立させ、すべてのメンバーに対し正常性への復帰の道を可能な限り閉ざしてしまうことなのである。

ハンナアレント全体主義の起源』

 

ナツィはすべてのメンバーに責任を共有することで正常に戻る道を絶ちました。

 

そして取り返しがつかないことを平然と続けたのです。

 

 

 

ネットワークビジネスでも同じことが言えます。

 

例えば、「これからネットワークビジネスの話をします」という告知をせずに、勧誘するのはアウトです。

 

 

ただ、ほとんどのネットワークビジネスがフットサルやら読書会やら何やらで突然勧誘します。

 

 

なぜこれを平然とやってしまえるのかといえば、自分がその犯罪行為で巻き込まれたが故に、もう現実世界に帰れなくなったからです。

 

 

彼らや彼女らは現実世界にもういないのです。

 

 

これがはまる人特徴です。

 

 

4.終わりに

以上ネットワークビジネスはまる人特徴でした。

 

  1. 理解力を欠いている
  2. 現在の生活に絶望しており現実逃避している
  3. 共通の理想と犯罪を共有している

 

 

ネットワークビジネスはまる人については、学術的にも今後もっと研究されてほしいものですね。

 

20160619215056

 

 

はまらずに且つ合法的にネットワークビジネスをする方法をご存知ですか?

 

インターネットでするのがいいと思うんですね。

 

 

インターネットでやることでダウン獲得までのプロセスを自動化していますから、「このやり方は合法?違法?」を考える必要がありません。

 

 違法な世界に逸脱しないようにシステムがダウン獲得までを自動化しています。

 

 

 

 

しかもインターネットを使うので、人脈が尽きることは日本国が存続する限りありえません。

*存続するかどうかの時はビジネスやっている場合ではありません。

 

 

 

池◯先生は友達0人でビジネスができていますので、非常にオススメです。

 

 

 

 

はまらないで、ネットワークビジネスをやりたい方

 

 

下記リンクより無料のメールセミナーがあります。こちらにご登録いただけることでより詳しい情報をお受け取り可能です。気軽に登録してみてください。

 

 

はまらずにネットワークビジネスをやりましょう。その方が成功します。

 

 【合法にやりましょう!】はまらずに成功する方法無料公開中

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)