ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

アシュランにしつこい勧誘を受けた際の断り方

約 5 分

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

アシュラン

f:id:zyunn14641:20170304175952j:plain

 

ご存知でしょうか。

ネットワークビジネスの大手企業で、シャンプーやら化粧品などで人気商品を数多く揃えています。

 

 

移り変わりの激しい業界の中でも設立から20年以上という安定した経営基盤を持っており、業界にいる人であれば、名前くらいは聞いたことがある企業です。

 

 

ただ、そんな優良企業アシュランであっても、「別にビジネスやりたくはない」「アシュランに興味がない」という人はいるでしょう。

 

 

なぜこんなことを言うかというと、世の中で最も多くの人が使っているアイフォーンであっても半分の人は使っていないものだからです。

 

それ故にアシュランの化粧品やらシャンプーがよくても「やりたくない」という人はいるものです。

 

 

今日は、友達や知人からアシュランから勧誘を受けたけど断り方がわからないという人むけに記事を書きました。

  1. アシュランの勧誘方法について
  2. アシュランの勧誘の断り方
  3. 知っておきたい法律の知識

 

 

アシュランの勧誘方法について

そもそもにはなりますが、アシュランの販売方法についておさらいしておきましょう。

アシュランはネットワークビジネスという通称で呼ばれる流通形態をとります。

 

これは、法律上は「連鎖販売取引」と言われ特定商取引法の規制のもと経済活動を行うビジネスです。

 

連鎖販売取引というのは、平たく言うと勧誘者が口コミで新しく商材を使ってくれる人を見つけ、成約まで見事至った場合には、その人の購入金額のー%が自らに報酬として入ってくるものです。

 

つまり、連鎖販売取引では、消費者が販売者になるという現象が起こるのです。

 

で、アシュランというのはこのビジネス体系をとるのです。

 

だから、知人や友達に口コミで「ぜひ使ってみなよ」という形で勧誘を行うのです。

 

 

この販売形態というのは色々と問題を起こすことは有名ですが、理にかなっているといえば理にかなっているのです。

 

 

というのも通常の販売モデルの場合、メーカーから商社や小売業を数回通すため値段が高くなったり、値段を落とすために製品の質が下がりがちです。

 

 

一方で、連鎖販売取引の場合は、メーカーから直接消費者まで行くために間でのピンハネが少なくなります。

 

これにより、より安くより良いものを消費者に届けられるのです。

 

アシュランはそういう意図を持ってこのビジネスモデルを選択しているのでしょう。

 

 

実際大手の化粧品なんかは原価が数十円のものを一万円とかで売っていたりする社会ですから連鎖販売取引以上に「あくどい」感じは私はしています。

 

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

アシュランの勧誘の断り方

そういう良い側面を聞いたとしてもアシュランの勧誘を全員がイエスというわけはありません。先ほども話したようにみんなが使っている製品なんか世の中にはないのですから。

 

ここでは、アシュランに限った話ではありませんが、ネットワークビジネスの勧誘の断り方をお話ししますね。

 

 

まず、私がネットワークビジネスの断り方としていの一番にして欲しいことは「明確に断る」ことです。

 

 

は?

 

 

って感じですよね。

ただ、意外に日本人の民族性も影響してか「はっきりとしたノー」を伝えていない人が多いです。

 

 

ですから相手は「もしかするとアシュランに興味を持ってくれているのかも」「懸念点がなくなればアシュランを買ってくれるかも」と考えます。

 

まあ営業側からしたら当然の心理かもしれません。少しでもチャンスがありそうなら勧誘したくなるでしょう。

 

 

それ故に、断り方の基礎の基礎として改めて伝えたいのが「明確なノー」です。

この断固とした意思表示というのが後の法律の知識とも絡むのですが、とても重要です。

 

 

「したこと自体」が後で役に立つのです。

知っておきたい法律の知識

もし仮に「断固とした拒否」をしたとしても勧誘が続いた場合の対処法をお話しします。

 

アシュランも含めたネットワークビジネスでは必ず「お客様対応センター」のような窓口があります。

そこに、ディストリビュータの名前を伝えるのと自分が明確に断ったという旨を伝えるのです。

 

 

そうすれば、会社はそのディストリビュータの会員資格を最悪の場合ストップさせます。(一度めは是正勧告や研修のみの時もあるみたいですが)

 

 

 

ここまで厳正に対応してくれるのは特定商取引法が「一度勧誘に拒否の姿勢を示したものの勧誘」をすることを禁止しているからです。

 

これを会社が放任すれば会社自体の業務が停止されるほどの影響力がこの法律にはあります。

 

 

ナチュラリープラスなんかは会員による悪質な勧誘に歯止めがきかず会社の業務を建前上は「自主的に」ではありましたが、実質的には停止に追い込まれました。

 

 

 

アシュランの勧誘においてもあなたが興味がないことを示したにもかかわらず、まだ継続して勧誘行為が続くようであれば本社に電話をしましょう。

 

 

そうすれば、あなたはもう気をもむ必要やストレスを感じる必要は一切ありません。

 

 

以上、アシュランにしつこい勧誘を受けた際の断り方ならびに対処法でした。

 

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

 

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)