ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【コラム】ねずみ講と呼ばれる人の恐るべき手口

約 5 分

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

「ねえねえ。ア〇〇やらない?」

「ねえねえ。ニ〇やらない?」

「ねえねえ。モ〇やらない?」

 

 

こ、ここれっってねずみ講

 

 

あなたは上記のような勧誘を体験をしたことがありませんか?

f:id:zyunn14641:20170311232443j:plain

 

 

実は、私が過去にこのような経験をして、「ねずみ講 会社名」「ねずみ講 やばい」と検索をした人間なのです。

 

ですから、私は多少なりともあなたの気持ちが分かる人間です。

 

 

その時は気持ち悪さや宗教のようなものを感じていた気がします。

ただ、今だから言えるのですが、冷静に物事を見ていただきたいのです。

 

 

 

実は、ネットワークビジネス自体が気持ち悪いのではなく、彼ら・彼女らがあなたに近づいてくる手口にこそ「これはねずみ講ではないか?」と思わせる気持ち悪さがあるのです。

 

今日は、ねずみ講と言いたくなるようなよくある手口をご紹介します。

  1. 「ねずみ講」と言いたくなる手口ー金持ち父さん
  2. 「ねずみ講」と言いたくなるような手口ー経済セミナー
  3. 「ねずみ講」と言いたくなるような手口ー各種イベント

 

「ねずみ講」と言いたくなる手口ー金持ち父さん

多くの人が「ねずみ講!」と言いたくなるような手口としてネットワークビジネスの集客で最も使われているのが「金持ち父さん」の本とキャッシュフローゲームと呼ばれるその本の世界観を疑似体験できるボードゲーム会を活用したものです。

 

 

これらのツールを使って、「ネットワークビジネス」のねの字も出さないで誘うわけですが、これがいかんせん同業者の私からしても気持ちが悪い。

 

 

「ゲームしに来ない?」

「お金の勉強を遊びながらできるよ」

「一生サラリーマンしたくなければきた方がいいよ」

 

 

ネットワークビジネスの会員がグループ総出でやっているケースが多いです。

 

私が行ったことある例だと、〇のあるグループは人形町でキャッシュフローゲームによる会員集めを100人規模でやっています。「人形町 キャッシュフローゲーム」で検索してみてください。最初に出てくる奴が、それです。

 

 

この記事を書くに先立ちこれを知らないふりをしながら潜ったのですが、知らないふりをして潜るというのもなかなか演技力が必要になるため骨が折れました。

 

 

私の記録では、この人形町のキャッシュフローゲーム会では、複数回キャッシュフローゲームや複数冊ロバートキヨサキの本を読ませた上で〇のセミナーにいきなり誘導するというものでした。他のグループでも多少の差はあれ大体同じ感じでしょう。

 

 

 

 

これは、手口としてはあなたが叫んだ「ねずみ講」ではありません。

 

 

ただ、犯罪行為です。

あまり法律に詳しくないととりあえず「ねずみ講」と叫びがちですが、このケースではあなたは「特定商取引法違反だ!」と叫ぶのが正解です。

 

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

 

ネットワークビジネスでは、勧誘に先立ち、「自分がネットワークビジネスの業者であること」や会う前に「ネットワークビジネスの勧誘をさせて欲しい」ということを伝えなくてはなりません。

 

 

守られてなさすぎてこのルールがあることすら知らない人も多いみたいです。

 

とにかくキャッシュフローゲームを使ってネットワークビジネスの会員集めをしているものはほぼほぼ例外なく犯罪です。

 

ですから「ねずみ講」と叫びたくなる気持ちはわからなくはないですね笑。。。。

この手のグループからは絶対手を引いてください。

 

 

「ねずみ講」と言いたくなるような手口ー経済セミナー

二つ目もなかなか最近はやりの手口です。

総量としては多くありませんが、最近のはやり具合と若者ゾーンにおいてはフル活用されています。

 

 

これは一言で言えば、「勉強会に来ない?」と誘ってネットワークビジネスに勧誘するパターンです。

 

この勉強会を使う手口は何がいいかというと、もちろん集客のハードルが低いというのもあるのですが、ついでに相手に危機感を煽ることができるというのもいいところです。

 

 

若者は特に刺さりやすいやり方で成約率も悪くありません。

「今のまま働いていいんだろうか。」とか「年金はもらえるのか?」といった不安が多いですからね。

 

そこに入っていくわけです。

 

 

ただ、これも「ねずみ講」と叫ばれても致し方ないひどい手口です。

なぜなら、これもまた勧誘に先立って「ネットワークビジネスに勧誘したい」という旨を伝えていないからです。

 

 

 

 

「ねずみ講」と言いたくなるような手口ー各種イベント

 

その他、「ねずみ講」と言われてもしかたない犯罪的手口の例を以下に挙げます。

  • 成功者による啓発セミナー
  • 読書会
  • バーベキュー
  • ボーリング大会
  • 異業種交流会
  • 婚活パーティー
  • フットサル大会

 

これらは、ネットワークビジネスにおいてしばしば批判の対象となる悪質な勧誘の手口です。

 

 

ここまでの文章で伝えたかったことというのは、ネットワークビジネスの事業者は「ねずみ講」と言われたくないにもかかわらず、「ねずみ講」と言われても仕方ないような悪質な手口ばかり使っているということです。

 

 

 

そして、そのような悪質な手口に未来はありません。

というのも、自分のビジネスに自信があれば、犯罪かどうかはともかくとして、そんな遠まわしに集客しなくてもいいからです。

 

 

真正面から「ネットワークビジネスをやらないか」と言えばいいのです。

あなたが少しでもネットワークビジネスに興味があるならば、少なくともこういった悪質な手口でこっそりプロスペクトに近づくネットワークビジネスのグループだけには入らないようにしてくださいね。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)