ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【これはおかしい!】ニュースキンのナリッシュザチルドレンへの疑問

約 4 分

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

マルチ商法やネットワークビジネスで有名なニュースキンという会社をご存知でしょうか。

 

この会社は、いい製品を世に送り出すだけでなく、実はとてもとても素晴らしい慈善事業をやっているのです。

 

その一つが、ナリッシュザチルドレンという活動です。

f:id:zyunn14641:20160930191400p:plain

 

ニュースキンの説明を受けた人であれば、聞いたことはあるでしょう。

 

これは、アフリカにある途上国への食品寄贈をディストリビュータやプリファードカスタマーたちがお金を出してやっているものです。

 

下記サイトを参照するととても多くの数の寄付が行われていて素晴らしい活動だと知り私も感心しました。

 

累計で3億食を超えました。 現在では、毎日 10万人以上の子どもたちに「ビタミール」を届けています。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Home/Catalog/about_culture.pdf

 積極的に寄付をするというのはアメリカらしいですね。

 

 

しかし、どうしても拭えない違和感がこのサイトを見ているとあるのです。

 

 

その違和感とは、ディストリビュータたちの優しい思いから出た寄付金の4割以上は、権利収入として組織内で回され寄付にはいかないところです。

ニュースキンディストリビュータ還元率は、42−45%程度)

どこでそれがわかったのかというと下記サイトのビタミールの価格の下にあるcsvpsvという文字です。

 

 

これは、ニュースキンのボーナス払いの対象であることを示す用語です。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Home/Catalog/about_culture.pdf

 

 

「募金しようぜ」と叫んで4割を組織内で回してしまうというのは、慈善事業としては、クエスチョンマークがつく人が多いのではないでしょうか。

 

そして、そんなことは思いたくないですが、ニュースキンビジネス実施者の親玉がナリッシュザチルドレンという善意の活動を勧めてくる理由は本当は自分の収入を増やしたいからということを思わざるをえないのではないでしょうか。

 

 

あなたがニュースキンのメンバーや勧誘を受けた人なら

「ディストリビュータとして参加する人はナリッシュザチルドレンはやってね」

と言われたことでしょう。

 

寄付というのは自発的な善意からやるものです。

自分の小銭欲しさに寄付を迫ってきていると感じる場合には、その人に耳は貸さなくていいと思いますよ。

 

もちろん、ナリッシュザチルドレンを完全に奉仕の精神からやっている人を私は知っていますので、この事業自体は素晴らしいんですけどね。

 

ニュースキンへの提言としては、この寄付にはディストリビューターへの還元を著しく減らすかなくすべきではないかということですね。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)