ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【騙された!?】「ニュースキンの製品は臨床データあるから見てみなよ」は違法な説明だ

約 5 分

【無料】空いた時間1時間で月収5万円が欲しい方へ   

 

 

ニュースキンの製品って信頼できるのか?」

 

そういう感情をニュースキンに勧誘された人は必ずと言っていいほど抱きます。

 

f:id:zyunn14641:20160923112240p:plain

 

 

その時セールストークとして勧誘者やセミナー実施者は以下の言葉を言います。

 

ニュースキンの製品は臨床データがあるから見てみなよ」

 

 

これを聞いた時多くの人があっけなく納得します。

 

 

「そうか。臨床データがあるのか。安心だな。」

 

そうなんです。

特に調べず安心してしまうこのような人が多いのです。 

 

 

しかし、この発言、実は問題が大有りなのです。

 

今日は、ニュースキンの製品は臨床データがあるから大丈夫ということの問題点を書いていきます。

 

  1. 「臨床データ」というのがなぜ問題か①
  2. 「臨床データ」というのがなぜ問題か②
  3. 「ニュースキンの製品は臨床データが、、、」と言われたら問い詰めよ

 

これが問題であるということをニュースキンのメンバー自体が気付いていないというのは皮肉なことですが、、、

1.「臨床データ」というのがなぜ問題か①

ニュースキンのサプリには臨床データがある」

 

この言葉がなぜ問題か早速見ていきましょう。

 

大きく分けて二つ理由があります。

 

 

1つ目は、日本の規制の厳しさゆえにアメリカ基準での説明が許されないという背景があります。

 

 

 

ニュースキンのプロダクトセミナーもアメリカや台湾と日本では全く内容が異なるということは結構有名です。

 

というのも、日本には薬事法という法律があるからなのですね。

 この薬事法ですが、諸外国よりもかなり規制が厳しいです。

 

 

  

専門のサイトには薬事法に適応する条件として以下のように記載がなされています。

 

健康食品は、「医薬品の世界に入り込む」ことをすると無承認無許可医薬品と捉えられ、薬事法に抵触します。

薬事法違反となる判断基準 | 健康食品・化粧品に関わる薬事法・景品表示法 | 薬事法広告研究所

 

 

つまり医薬品として認定を受けずに「ニュースキンのサプリで肌は若返る」「がんが治る」ということは、発言自体が問題があるのはもちろん、たとえ臨床データがあったとしてそれが実証できたとしても認定外医薬品であることを自白する自殺行為であり、薬事法違反なのです。

 

【無料】空いた時間1時間で月収5万円が欲しい方へ   

 

2.「臨床データ」というのがなぜ問題か②

  

そしてもうひとつ言えるのがその臨床データは日本に流通しているニュースキンサプリに適応できる臨床データではない可能性が高いということです。

 

 

というのもこれまた薬事法の話になるのですが、日本においてニュースキンの製品は薬事法の関係からアメリカのサプリメントとは中身が結構異なります。

 

 

ライフパックナノを例に挙げると「アメリカ版」という製品もアマゾンには売られています。

www.amazon.co.jp

 

 

私は見たことがありますが、まず形からして違いますし、中身も色々と日本の法律的に問題のあるものを抜かれています。

 

これは、ライフパックナノに限らず、どのサプリにも言えることです。

 

 

 

で、何が言いたいのかという話に戻すと、アメリカで作られたサプリで適応できる臨床データは全くもって適応不可能だということです。

 

全く別のものなのですから。 

ちなみにニュースキン社は「臨床データが・・」という説明を許していません。

 

 

 

それは問い合わせていただければわかりますので、私のことが疑わしければ問い合わせてみてください。

 

 

3.「ニュースキンの製品は臨床データが、、、」と言われたら問い詰めよ

今日は、「ニュースキンの製品は臨床データがあるから安心」という多くの人を安心させるセールストークについて書いてきました。

 

 

このことは実は、ミリオネアと言われるトップランカーであっても知らないことが多いのです。

 

ネットワークビジネスの短所でもあるのですが、必ずしもトップランカーが何でも知っているというわけではないのです。

 

 

もし「これって本当か」と思ったり、「言っていることが怪しい」と思ったら、アップラインではなく、ニュースキン社に直接聞きましょう。

 

 

あなたが何気なく聞いていることが法律違反である可能性があるのです。

 

日本においてサプリメントの説明で許されているのは「健康維持」「栄養補給」程度とかなり限られています。

※栄養補給、健康維持等に関する表現はこの限りでない。

薬事法違反となる判断基準 | 健康食品・化粧品に関わる薬事法・景品表示法 | 薬事法広告研究所

 

 

以下は、アウトであると専門サイトにおいて記載がありますので、注意しましょう。

 (例) 疲労回復、強精(強性)強壮、体力増強、食欲増進、老化防止、勉学能力を高める、回春、
   若返り、精力をつける、新陳代謝を盛んにする、内分泌機能を盛んにする、解毒機能を高める、
   心臓の働きを高める、血液を浄化する、病気に対する自然治癒能力が増す、胃腸の消化吸収を
   増す、健胃整腸、病中・病後に、成長促進   等

薬事法違反となる判断基準 | 健康食品・化粧品に関わる薬事法・景品表示法 | 薬事法広告研究所

 

ニュースキンはこの取り締まりにかなり苦労していることは有価証券報告書にも書いていますが、どのように対応していくんでしょうね。。。。

 

 

【無料】空いた時間1時間で月収5万円が欲しい方へ   

 

 

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)