ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【衝撃】結局アムウェイやニュースキンなどはネズミ講なの?

約 7 分

【無料】MLMに悩む1503人が編み出した逆転の一手を大公開!

 

どうも池◯先生です。(嘘)

 

 

今日は、些細なお便りではありますが、よくよく考えてみたところ色々と考えさせられることがあり、以下の質問を取り上げたいと思います。

 

 

「池◯先生。こんにちは。先日アムウェイのビジネスメンバーに勧誘されました。とりあえず説明を聞いてみたところこれってネズミ講じゃないの?と思ってしまいました。先生アムウェイネズミ講ですか?」

 

f:id:zyunn14641:20160923112208j:plain

 

 

「池◯先生。こんにちは。先日ニュースキンのセミナーに行きました。ニュースキンは儲かるといった話や素晴らしいビジネスというお話を聞くのですが、これってネズミ講じゃないの?と思ってしまいました。」

 

 

f:id:zyunn14641:20160923112240p:plain

 

なぜこれらは事実ではないにもかかわらず、度々このようにネズミ講扱いされてしまうのか。

 

それについて解説します。

*仮にねずみ講なら業務停止してます。

 

1.「法律上」ネズミ講ではない。

これは他のブログ記事などにもあるので詳細はあまり書きませんが、ネットワークビジネス(アムウェイニュースキンなど)は「法律上」ネズミ講ではありません。

 

その理由としては以下の三つが挙げられます。

  • 商材がある(実態がある)
  • 後から入った人が先に入った人よりも稼げる可能性がある。(先に入った方が得な場合無限連鎖)
  • ビジネススタートにお金はかからない(もしくは微量)

 

 

一般的に、アムウェイニュースキンはネズミ講と言われることがありますが、上の三つに該当するのでネズミ講(無限連鎖講)ではなく間違いなく合法です。

 

 

ここで普通のブログだと終わりですよね。

 

ただ、ここでは終わりません。

一部のネットワークビジネスには「法律上」ネズミ講でないのですが問題があるのです。

 

 

それについて次の章で解説します。

 

【無料】MLMに悩む1503人が編み出した逆転の一手を大公開! 

 

2.ネズミ講と変わらない状態にあるケースが稀にある

 

先ほどのものを逆転させたものがネットワークビジネスでは必須なのはお分かりいただけたでしょう。つまり以下のような条件があります。

  • 商材がある(実態がある)
  • 後から入った人が先に入った人よりも稼げる可能性がある。(先に入った方が得な場合無限連鎖)
  • ビジネススタートにお金はかからない(もしくは微量)

 

 

しかし、実際一部のネットワークビジネスにおいては先ほど挙げた以下の3点を逸脱していることがあります。

 

どうして私がそう考えるのかを順に見ていきましょう。

 

ビジネススタートにお金はかからない

これは建前上はそうなのですが、実際は良くも悪くも異なることがあります。

アムウェイニュースキンを例にすると入会金があります。

 

まあこれだけなら微量なので「かからない」と解釈をするのも間違いではありません。

 

 

ただ、某ネットワークビジネスのグループでは「何万円かえ」ということを強要することがあるようです。 

 

 

つまり、入会金はもちろん一定数のお金は必ず毎月かかる状態に参加者が瀕していることがあるのです。

 

なぜ買い込み目標が据えられ、しかもそれらに参加者はしたがってしまうのでしょうか?

 

 

 

 そう強いられる理由の一つが「売り上げ目標」を達成するために行われる「自己消費以上の買い込み」が挙げられます。月に何十万と支払いビジネスをやる人(やらされる人)たちがネットワークビジネス業界にはいるのです。

 

これが次の決定的な問題点につながるのです。

商材がある

「この条項はさすがに逸脱していないでしょ。」とあなたは思うかもしれません。

 

ただ、かなり疑問があるのです。

 なぜ私がそう思うのかを少し書きます。

 

 

そもそもネズミ講とネットワークビジネスの線引きは「金品の受け渡しが目的か」「商材の使用が目的か」のどちらの色が強いかで分類します。(間違ってたらすいません)

 

 

そして、ネットワークビジネスは後者だから合法というのがロジックとしてあるわけですね。

 

 

 

ここが先ほどからの続きでわかるかと思いますが、「極めて怪しい」のです。

 

 

アムウェイニュースキンを含めほぼすべてのネットワークビジネスでは自分も含めた流通量で収入が決まるので、ディストリビュータは原理的に「商材を金品の受け渡しだけを目的に自分で大量に購入している」状況になりえます。

 

その証拠がアマゾンで激安で売られるサプリです。

 

ノルマをこなすために自爆営業をし、余った分は転売するというサイクルができているということなのです。

 

 

今述べた、

 

「商品を消費するため」ではなく、「商品を金品を得るために購入する」

 

というここがネズミ講と同じ状況なのです。

 

 

現在アマゾンやらオークションサイトやらでネットワークビジネスの製品が定価の40%近い割引率からひどいものは70%オフで売られていることでわかります。

 

 アムウェイについては残念ながら過去に私が述べたような事例があったようです。

以下はその記事の引用です。

 ところが、その成果報酬制度によってか、強引な勧誘活動が横行。売り上げ目標や、ノルマを達成するために自ら商品を買い込んで借金をする者も続出し、97年には国民生活センターの理事長より「苦情・相談件数が4年連続で1000件を超えている」と報告され、社会問題化したのである。

アムウェイにキラキラ・ロハス女子が急増中で新たな危険性を指摘する声|LITERA/リテラ

 

会社自体がねずみ講でなくてもグループとしてこのような問題があったことは事実のようです。

 

 

誰かが離脱したりした時やノルマに届かなさそうな時には、その分を自分で補填しようとして買い込みをしてしまうのかもしれません。

 

そしてそれが複数人ともなれば、自分で月に何万と買って自爆営業する人がいるようです。

 

 

要するにネットワークビジネスの商材は時に「消費」を目的としてではなく、「金品を目当て」として購入がなされていることがあるということなのです。

 

 

アムウェイなどはかなり取り締まりが厳しくなり最近は治まったように思いますが、仮にあなたが興味のあるネットワークビジネスで、今の話が続いているようであればねずみ講と言われても仕方ないでしょう。

 

個人的には、この報酬プランを変えなければいくら「ノルマなし」と言おうとも自らに勝手にノルマを課して自爆営業する人は減らないと私は思います。

  

後から入った人が先に入った人よりも稼げる可能性がある

最後のこれに前2つの話がつながります。

 

自分の入ったネットワークビジネスの製品が値崩れしている中で、直近で入った人が太刀打ちできるでしょうか?

 

全く同じ製品が15000円でネットで売られているものを23000円で売れますか?

どんな営業マンでも無理です。

 

 

ですから事実上、先に入った人しか儲からない構図(ネズミ講状態)を否定することは難しい状況にあるのです。

 

3.ネットワークビジネスに入会を考えている場合

今日言いたかったことは一つです。

 

ネットワークビジネスは、法律上はねずみ講ではないが、ねずみ講同然の構造になってしまっていることがある」ということです。

 

 

サプリメントなどを自分の消費のために買うのではなく、金品を得るために購入する。

そして、それが市場価格を崩落させ、新規参入した人がどうあがいても成功できない構造になる。

 

 

 

今一部の会社ではそのような状況にあるのです。

 

「正規品の方が安全だよ」といった形での反論しか彼ら・彼女らはできません。

 

あまりに価格差がある中でその反論だけではあまりに濡れ手に粟と言えます。

 

 

現在は、法律がさらに厳しくなる動きがあることからアムウェイやニュースキンのような業界トップの会社も規制を強めているようですので、撲滅傾向にはありますが、各社ともまだまだ苦労しているようですね。

 

 

【無料】ダウン1人作るために友達から嫌われる人数の試算結果を大公開!

 

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)