ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

ニュースキンのサプリが「高い」と断言せざるを得ない理由

約 7 分

【無料】勧誘をやめたらダウンができた衝撃の方法を大公開!   

 

 

ニュースキン高い」

 

だから買わない。

だからビジネスやめた。

 

そういう声を聞きます。

 

ただ、それを鵜呑みにしてはいけません。

 

 

 

このような形で高いといわれるのは往々にして主観的なものでしかありません。

そして、それは自分がうまくいかないことを正当化するすり替えとして言われているだけの時もしばしばあります。

 

 

つまり、自分がニュースキンビジネスでうまくいかないのでやめるということを正当化するために「高いからやめる」というわけです。

 

 

 

そうは言いつつ実は、私もまたニュースキンは「高い」と言っている評論家の一人です。

 

 

 

おいおい矛盾しているじゃないか?と今思われたでしょう。

 

 

しかし、私の「高い」は主観的なものではなく、あくまで相対的に、客観的に見て「ニュースキン高い」と結論付けています。

 

 

今日は、その理由について書かせてください。

  1. ニュースキンは客観的に見て高いと言わざるをえない。
  2. なぜこのような現象が起こるのか?
  3. ニュースキンビジネスの問題点は1つだけ。。

 

1.ニュースキンは客観的に見て高いと言わざるをえない。

実は、私はもともと健康志向が高いこともあり、サプリメントにかなり興味がありました。

 

そんな中、ニュースキンの紹介を受けました。

値段は確かに薬局で売っているものなどより高いけど試してみたいという誘惑にかられディストリビューターの方からの購入を決めました。

 

 

実際、ライフパックナノを使用してみて、肌感含め健康管理において体感がある素晴らしいサプリでした。

 

f:id:zyunn14641:20161113133309j:plain

 

このまま飲み続けよう

 

そう考えて2ヶ月がたったある日のことでした。

 

衝撃的な事実を知ったのです。

それはAmazonにありました。

 

www.amazon.co.jp

 

私は、定価ではなく、お得に買えるというADPかつ卸売価格で買っていたので17442円で買っていました。

 

 

しかし、上のサイトを見て分かる通り、それでも2500円近く高いのです。

(もちろん変動はしますが、ここ1年は高くても15000円代です)

 

 

これは、どういうことだ。と大いに不信感を抱きました。

そもそもの話ではディストリビューターからしか買えないという話だったからです。

 

 

そこで紹介者になぜアマゾンで買った方が得だと思うのだが?と聞いたところ以下のようなコメントが返ってきました。

 

【無料】空いた時間1時間で月収5万円が欲しい方へ   

 

 

返信が来たら余計に不信感が高まりました。私が不審に思ったところを赤字で追記します。

ちょっと赤入れします。

 

・返品保証があるのは、NSから直接の場合のみ。もしも初期不良があったら、交換してもらえないので、そういった保険としても正規品を買った方が良い→アマゾンに流れているのは正規品未使用品である。不備がたくさんあるようなメーカーならそもそも買わないし、不備がそれほどないことが前提なら返品保証に毎月2500円のアドオンは高すぎる。しかも正規で買わない場合のトラブルは一つも見つからない。
 
 
・ADP6か月をやると、10%オフになるので、大体価格は同じ。長く使い続ける人は、NSの正規品を買った方が良い
6ヶ月継続購入すると10%オフになるということはだいたい16500円〜16600円はする。それだけ長期間購入してもアマゾンの方がまだ1500円高い理由を腹落ちする方が難しい
 
・定期的に飲み続けたい場合は、Amazonだと在庫が安定していないため、価格が変動する。現在確認すると、定価よりも4%安い製品の在庫は4点ほどだった。
これはある程度納得できる。確かに在庫はそこまで多いわけではない。ただ、1年以上計測したところ在庫が0になったことは一度もなかった。加えて、楽天市場やネットのショップに同価格でたくさん売られている。
 
・また、複数を同時購入すると、安いものがあったり、高いものがあったりするので、結果的に割高になる可能性が高い。例クレンジングフォームはNSの方が100円ほど安い
これは間違いない。言うことなし。
アマゾンの方が送料などを入れると高いものがある。価格の割に重さのあるシャンプーなど。
 
・NSから直接買う場合は、在庫が安定しているので、確実に届く
なぜか在庫の話をもう一度される。これに関してはもう割愛。
自分の紹介した人が買うとボーナスが入るのはNSから直接買う場合のみ
→ビジネスをやる人や家族ぐるみで使う人であれば、親と同居だったりした場合に親のIDで買えば、5%が還元される
→15300円×5%なので、750円がバックされる為、Amazonよりもお得になるケースがほとんど
家族全員がニュースキンをやる場合、確かに自分の出費は減るが、それは、本件とは無関係。バックマージンを「割引」として考慮しだすと、たくさん紹介すれば製品価格は0円だみたいな話になってきて夢物語すぎる。この提案はおかしい。

 

 

ちなみに本社にも問い合わせたところ、同じような在庫だの正規品がどうのという同じ話が来ました。

 

 

おそらく、これは一般的な問い合わせ対処マニュアルなのだと思われます。

いろいろ脱線してしまいました。

 

 

ただ、言いたいことはこれだけです。

 

ニュースキンは客観的に見て高い」(アマゾンと比較して)

 

だからディストリビューターから買うメリットが乏しいということです。

 

2.なぜこのような現象が起こるのか?

では、なぜ正規品かつ定期購入で半年以上買う良顧客よりネットショッピングで買う方が安いのでしょうか?

 

 

販売費がかからないから?

 

いえ違います。なぜなら、ニュースキンの製品はディストリビューター以外販売できないはずだからです。

 

さて種明かしをしましょう。

これは、ニュースキンのディストリビューターが横流ししているからなのです。

 

しかもわざわざニュースキンから購入してそれをライフパックナノであれば10000円を切るとも言われる激安価格で業者に転売しているのです。

 

 

【無料】空いた時間1時間で月収5万円が欲しい方へ   

 

 

なぜ、わざわざこのようなことをしているのでしょうか?わざわざこのようなことをしているのでしょうか?

 

 

いちいち説明していいのですが、下記記事の「年賀状」を「ニュースキンの製品」に言い換えれば説明がつきます。

nikkan-spa.jp

 

 

かいつまんで話すとニュースキンにもタイトルランクを維持するための毎月の必達目標があります。(いわゆるノルマです。ノルマなしとホームページにありますが、これをノルマと言わないなら世の中にあるノルマという言葉の意味を知りたいレベルです。)

 

それゆえに売り切れない時は自分の月収が大幅に減ることを避けるために自分で購入して補填せざるをえないのです。

 

 

しかしながら、たくさん買っても自分で消費できるレベルではないことがほとんどなので、それを買い取ってくれる業者に流すのです。

 

 

こうしてなぜか正規品の継続購入者より安く製品が買えてしまう店が増えてしまうのです。

 

つまり、アマゾンもヤフオクは年賀状の例で言うと「金券ショップ」に該当します。

そして当たり前ですが、こういう現象が起こるとどうなるかというと人々は郵便局ではがきを買いません。

 

金券ショップで安売りされる年賀状を買うのです。

なぜなら正規品は高いからです。

 

これはいうまでもなく今ニュースキンで起こっていることです。

 

3.ニュースキンビジネスの問題点は1つだけ。。

ニュースキン高いというこの問題を引き起こしている「ノルマ付き報酬プラン」を変えなくては年賀状に同じくどんどん愛用者が離れて金券ショップで買う人が増えるでしょう。

 

 

そして、売上がどんどん苦しくなるということになります。

 

これはニュースキンだけでなく、昨今業績を落としているアムウェイ、フォーデイズ、ナチュラリープラス、モリンダなどでも見られます。

 

インターネットの普及は世の中を便利にしましたが、郵便局同様、内心喜べないのがネットワークビジネスの会社かもしれませんね。

 

 

これからどうなるか見守りましょう。

 

【無料】勧誘をやめたらダウンができた衝撃の方法を大公開!   

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)