ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【衝撃】ニュースキンを例になぜネットワークビジネスは稼ぐのが難しいのかを究明

約 7 分

【無料】口下手な男が逆境で開発した衝撃の自動ダウン構築法を大公開!

 

 

ニュースキンというのはネットワークビジネス業界で2位の会社です。

 

f:id:zyunn14641:20160821093459j:plain

 

ですから、あなたがもしネットワークビジネスに勧誘された場合、十中八九アムウェイかこのニュースキンです。

 

 

ニュースキンは、多くのミリオネアを出すという触れ込みがある一方で、ほとんどの人が全く稼げないか中学生のお小遣い程度しか稼くことができないとしばしば言われています。

 

 

 これは、ニュースキンに限ったことでもなく、ネットワークビジネス業界すべてで言われていることです。

 

なぜこれほどまでにネットワークビジネス稼ぐことが難しいのか? 

今日は、ニュースキン稼ぐことが難しい理由に迫りたいと思います。

 

 

 

あらかじめ伝えるとネットワークビジネスというのはどこも似たような仕組みです。

ですので、本記事を読むことで、「ニュースキンに限らず、すべてのネットワークビジネスでなぜ稼ぐことが難しいのか」まで理解いただけます。

 

 

 

1.ニュースキンで収入を上げる方法

 

ニュースキン稼ぐことがなぜ難しいと言われているのでしょうか?

それを見ていくためには、報酬プランを理解する必要があります。

 

 

詳しく書いても読まないと思うので、クイックな概説に30秒ほどお付き合いください。

 

 

 

 

ニュースキン報酬プランでは、基本的に紹介者からもらえるロイヤリティは全員5%でスタートします。これは他の会社も概ねそうです。

*こちらのP4(深さの最大化という箇所)にてご確認いただけます。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/office/PDFs/scp201604.pdf

 

 

 

これはとても低いですね。

 

 

生活できるためにはとんでもない金額を売る必要があります。

具体的にはこの数値なら月に1000万売ってやっと20万しか入ってきません。

 

 

 

 

 

ですから、すべてのディストリビュータ(ビジネス実施者)はこのロイヤリティのパーセンテージを高めるために代理店(エグゼクティブ)になることを目指すわけですね。

 

 

 

 

代理店になるには、下記資料の3Pにある6000GSVの売り上げが必要となります。

これは日本円で80万円程度です。これを自分を含めた参加の流通の合計で5ヶ月以内に達成すれば晴れて代理店になれます。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/office/PDFs/scp201604.pdf

 

 

 

 

代理店になるとロイヤリティが大幅に上がります。

ニュースキンの場合は、5%から14−20%に上がります。 

 

*エビデンスは下記PDFの3Pに記載のエクゼクティブボーナスにベースの一律5%を足していただければ確認できます。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/office/PDFs/scp201604.pdf

 

 

 

つまり、月に20万円かせぐには90万ー110万の売り上げでよくなるわけです。

 

 

 

さきほど書いた1000万必要な状態に比べればエクゼクティブになることでかなり稼ぐ要件が緩和したことがご理解いただけると思います。

 

 

 

この代理店にはさらに上位ランクのものが複数あります。

このランクは売上を上げていくにつれて上がり、ロイヤリティを引き上げる原動力となります。

 

 

ですから、ニュースキンビジネスをやる人は「まず代理店になることを目指す」「代理店のランクを上げることを目指す」というモチベーションですべての人が活動します。

 

 

これ以降詳しい制度については興味があればご自身でご確認ください。

 

 

【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

2.報酬プランが引き起こす問題点

権利収入へのモチベーションを高める働きがある一方で、この代理店制度は大きな問題を引き起こすことがあるようです。

 

その最大の問題が「高い販売ノルマを要求し、自爆営業を呼び起こすこと」につながることです。

 

 

 

 ニュースキンの場合は、一度代理店(エグゼクティブ)になると3ヶ月で100万円前後の売り上げをずっとあげ続けなくてはなりません。

 

 

 

 

一度でも失敗すれば始めの5%に戻ってしまいます。

そして先ほどのように5ヶ月かけて代理店申請を再度やり直すことになります。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/office/PDFs/scp201604.pdf

 

 

 

これニュースキン社も入っているように「簡単に稼げる」とは言えません。

 

 

今記載したのは一番下のランクの場合のノルマです。

つまり、上のランクに行けば高い報酬が期待できる一方で、高い売り上げ目標があります。 

 

 

 

この厳しい販売ノルマが何を引き起こすかというと自爆営業です。

日本郵便やシャープなどがしていたことで話題になりましたが、ノルマ達成のために自分で買い込むわけですね。

 

この報酬プランに端を発した自爆営業が悪魔のサイクルを生み出します。

 

 

 

 

 

それを理解するために、下記リンクをご覧ください。

アマゾンで売られているニュースキンの人気商品ライフパックナノのページです。

ニュースキンの卸売価格で買うよりも3000円近く安く売られています。

 

 

 

ネットワークビジネスの商品は建前上ディストリビュータからしか買えないのですが、それが覆されています。

 

この理由は、自爆営業により余ったものが転売され、ここに流れているからです。

 

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%8E

 

 

 

ここで、こんなに安いと愛用者はすぐに離脱してこちらで買いますよね。

するとまた売上が下がるわけです。

 

 こうして完成する悪魔のサイクルが以下のものです。

 

【悪魔のサイクル】

売れない→高いノルマの達成が必要→自爆営業→インターネットに転売→値崩れ→さらに売れない→高いノルマの達成が必要→さらに自爆営業→さらにインターネットに転売→さらに値崩れ

 

 

 

これは、ニュースキンに限ったことでなく、その他ネットワークビジネスのほとんどでも起きています。

 

 

 

ネリウムと呼ばれる7月に上陸したネットワークビジネスの会社ですらもうアマゾンで出回っています。

 

感情論的な批判ではなく、明確なエビデンスに基づいた問題点と言えます。

 

 

3.まとめ

ネットワークビジネスで稼ぐことが難しいことをご紹介してきました。

 

その理由は高いノルマでこなせないメンバーが自爆営業をしてしまう流れになる報酬プランに大きな要因があると書かせていただきました。

 

 

この報酬プランが今後も続けば、長期的には総売上が縮小することはあっても上昇することはないでしょう。

 

 

上昇する可能性があるのは、インターネット環境がない国くらいでしょう。

 

 

もしネットワークビジネスに勧誘されていて入会を検討されているのであれば、「報酬プランに高いノルマを呼び起こすルールがないか」をよくチェックしてみてください。

 

 

 

一方で、そのノルマを達成できる人は、収入の上昇のスピードが速いところがいいところでもあるので、あなたのニーズにあったのであれば、ネットワークビジネスはぜひやってみるべきだと思います。

 

 

ご参考になればと思います。

 

【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)