ネットワークビジネスで成功するにはこの3つだけは外すな

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

ネットワークビジネスで成功したい。

そう思って始めたもののダウンが一人もできないなんてことは、実は珍しいことでもなければおかしなことではありません。成功するには彼ら・彼女らには何が足りないのでしょうか

少し事実の確認からしましょう。

一例としてニュースキンのデータを引用します。

f:id:zyunn14641:20160923112240p:plain

なお、日本における「アクティブ ディストリビューター数*3」は、月当たりの平均で 122,429 人、 「ボーナスを取得したディストリビューター数」は、月当たりの平均で 19,914 人(アクティブ デ ィストリビューターの 16.3%)でした*4。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Oppotunity/PDFs/summary2015.pdf

ここにありますが、たった16%しかいないのです報酬を得ている人が。

踏み込んで言うと、報酬を得ているだけです。

数百円でもえていれば、この16%前後の割合に含まれるという意味です。

「それはいくらなんでも悪くあなたが見せてるだけじゃないの?」

と言われそうなので、上にあるニュースキンの「アクティブディストリビュータ」の定義を下記に一応追記しておきます。

アクティブ ディストリビューター:過去 3 ヵ月以内に、製品またはビジネス サポート マテリアル・サービス を注文したことのあるディストリビューターのこと。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Oppotunity/PDFs/summary2015.pdf

つまり、ニュースキンでは、報酬を一円でもえている人が、「3ヶ月以内に製品を発注したディストリビュータ」の中でたった16%しかいないのです。

これ驚くべき少なさだと思いませんか?

2chなどで感情論的に「ネットワークビジネスは稼げない」と言っているのとは訳が違います。何せある会社での事実なのですから。

ダウンを一人作ることすらままならないのです。

ちなみにニュースキンを悪く言う意図でここにニュースキンを例にあげているのではありません。

ネットワークビジネスというのは、だいたいが同じ仕組みの会社ばかりですから、ニュースキンとだいたい同じくらいではないかと私は考えています。

むしろ他社はこの手のデータが調べても出てこないので、裏を返せば、もっと悪い可能性の方があり得る話です。ニュースキンは情報公開の透明性という意味でむしろいい部類です。

では、そんなダウンを一人作ることすらままならないネットワークビジネス成功するにはどうすればいいのか?という本題に入りましょう。

今日は、以下の章立てで考察を書いてきます。

  1. ネットワークビジネスでうまくいかない3つの理由
  2. ネットワークビジネスではまずこれを目標に
  3. ネットワークビジネスで成功するには

ネットワークビジネスでうまくいかない3つの理由

まず、ネットワークビジネスで成功するには以下の3つをクリアしている必要があると私は考えています。

現にこれをクリアすることで、着実にストレスを抱えることなく私はダウンを作ることができています。

その3つの条件とはこれです。

  1. 再現性の高い具体的なビジネスノウハウの有無
  2. 月額の支出3万以下であり継続性が高い
  3. 違法行為ではない

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

再現性の高い具体的なビジネスノウハウの有無

では、一つ目から順に見ていきましょう。

一つ目がとても成功するには重要になってきます。

前提条件と言っても良いでしょう。

再現性のある具体的なビジネスノウハウなくして成功することは極めてこんなんです。

ここでいう「再現性のある具体的なビジネスノウハウ」というのは以下のようなものが入りません。

  1. 「成功したい気持ちがあればいける」
  2. 「製品が素晴らしいのだから売れる」
  3. 「セミナーに参加して成功者のマインドをつければそのうち成功する」

こういうのを「ノウハウ」と勘違いさせるのがネットワークビジネスの多くの親玉の謀略であることが少なくありません。

ソクラテス的に上の文言に疑問を投げかければこれらの最もらしさは瞬時に崩壊します。

  1. では「成功したい気持ち」とは何か?成功した結果をもとに「成功したい気持ち」がついたと判断する場合、因果関係が逆ではないか?
  2. では、製品が素晴らしいのであれば、我々は不要ではないか?会社がウェブで販売した方が会社は儲かるのではないか?
  3. では、「セミナー」とMLMの成功のどこに因果関係があるのか。現にセミナーに来ている人の8割方はこれに時間を取られすぎて一人たりともダウンができていないのではないか?

ネットワークビジネスというのは(やっている自分が言うのもなんですが)、集団催眠状態にかかりがちで、素朴な疑問を跳躍しがちです。

こういった素朴な疑問に答えられない状況であれば、あなたの考える「成功するには」以前に一人たりともダウンができないのです。

あまりにインチキくさいプロパガンダが平然とまかり通っていることが少なくなく、はたから見ていてあほくさい事で溢れています。

そういうこともあり、あなた自身で徹底的に内省していただくことをお勧めします。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

月額の支出3万以下であり継続性が高い

二つ目にうつります。

「ネットワークビジネスはね。自分が今使っているものを取り替えればいいだけなんだよ」

というのがインチキ論法であることをここでは書かなくてはなりません。

というのも私がいろんな会社を見ていて思うのが、「お前ら金使いすぎ。正気の沙汰ではないぞ」と思わざるをえない人が多いのです。

下記は、ネットワーカーの多くが少なくとも使っているであろう試算です。

  • 月3万のサプリ代
  • セミナー単価2000円のものを少なくとも月4回
  • 一年に一回か二回遠征と称して、5万(〜10万)いくための積立

かなり少なく見積もっても4万−5万はネットワークビジネスに消えていきます。

正直若干説得力に欠けている試算ですが、私の体感では、もっと支出しています。

(ひどいケースだと8万ー10万くらい)

1ヶ月にサプリや消費財に4万も5万も使うことありますか?

私は結構頑張らないと使えないと考えています。

「取り替えるだけだよ」といってくる人間はイカレポンチです。

そもそもそんなに可処分所得の支出を要求すると自分のビジネス継続はもちろん「ある程度可処分所得のある人」しかビジネスのターゲットにならないことになります。

月に4−5万は少なくとも払える人がこれほど格差が広がっていると言われている日本においてどれほどいるでしょうか。

私は月3万以下に支出は抑えるべきだと考えています。(欲を言えば、2万以下)

これ以下に収められないものは、周囲に受け入れ難いですし、マネーゲームをしているようにも見られてしまうでしょう。

あなたのモチベーションが落ちないためにも支出が多すぎる常用はすぐさま解決してください。

アップラインが「もっと製品買わないとだめだよー」なんて言ってこようが無視してください。

違法行為ではない

最後ですが、これは、「そもそも論」なところはあります。

ただ、成功するには外してはいけません。

あえてなぜこれを書くかというとこの「そもそも論」をすっぽかしてネットワークビジネスをやっている人が少なくないからです。

特定商取引法というものがネットワークビジネスの行動規範を定めているのですが、アムウェイの行動規範がそのままそれに当てはまるのでまずは引用します。

アムウェイでは、アムウェイ・ビジネスの紹介を目的とした勧誘に関しては、「はっきりと目的を告げて勧誘すること」「相手の了承を得てから紹介すること」などをディストリビューターに指導しています。

ディストリビューターは、アムウェイ・ビジネスの勧誘に先立って、次の5つを明示することが法律で義務づけられています。

  • 自分の名前
  • アムウェイのディストリビューターであること
  • ディストリビューターの登録を勧めようとしていること(目的)
  • 年会費負担について
  • 商品の種類

この5つを明示することをディストリビューターには指導しています。


もしも、強引だったり不安にさせられたりするような勧誘またはアムウェイ・ビジネスの紹介を受けた場合は、すぐにアムウェイ相談室までフリーダイヤルでお問い合わせください。オペレーターがお話をおうかがいします。

アムウェイの勧誘に関するご質問 | アムウェイ(Amway)相談室

「キャッシュフローゲームこない?」

「飲み会企画しているんだけど来ない?」

「読書会面白いからきなよ」

上を見ればわかるように、これらはすべてアウトです。

しかし、業界で依然はびこっていて、それをやっているイベントのリンクをここにすべて張ってやりたいほどです。(敵作りたくないのでやりませんけど)

長々と書いているので、まず押さえておくべき点としては以下2点です。

勧誘に先立って、

  • 自分がネットワークビジネスのディストリビュータであること
  • あなたをネットワークビジネスへ勧誘したいこと

くらいは事前に伝えておく必要があります。

ネットワークビジネスではまずこれを目標に

さて、ネットワークビジネスで成功するには最初に立てるべき目標を私がお伝えします。

基本的に金持ち父さん方式であれば、目標は人それぞれ立てるように促されますが、法外な目標を立てても非現実的です。

ダウンを二人獲得しましょう。

一人だとたまたまということがあるので、二人です。

仮にあなたが二人ダウンを獲得できるときご自身の中で「再現性の高い具体的なノウハウがある」と言っても良いでしょう。

おそらく中学生の小遣い程度の金がくらいにしかならないでしょうけども甘く見ないでください。冒頭にニュースキンの数値を引用したようにダウンが一人でさえできればパレードの法則で上位2割に行ける世界なのです。

それ故に簡単な壁ではありません。

私も最初の半年はダウンが全くできなかったです。

ネットワークビジネスで成功するには

さて、もう終わりとしましょう。

まずは、ネットワークビジネス成功するには高すぎる目標を立てないです。

正直目標なんてなくてもいいと思ってるくらいです。

自分が苦痛ではない範囲で、再現性の高いノウハウを確立して下さい。

そしてまずはダウン一人の作り方を考え、それで二人目まで獲得してください。

そしたら、成功するにはどうすればいのかご自身の中で腹落ちしている状況が出来上がっているでしょう。

以上お読みいただきましてありがとうございました。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)