ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

【これで納得】消費者庁からの行政指導で業務停止となったナチュラリープラスの問題点とは?

約 8 分

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

どうも池◯です。

f:id:zyunn14641:20160901114825j:plain

今日は、特別講義をいたします。

なぜなら、皆様が間違った活動をネットワークビジネスをやる過程でおかさないで欲しいと私は願うからです。

突然ですが、、、、

ナチュラリープラスという会社をご存知でしょうか?

2015年度10%近い高い売上高成長率を誇り上位に食い込んできていたネットワークビジネスの優良企業です。

しかし、行政指導もあり2016年3月に業務停止となってしまったのです。

平成28年3月10日(木)から平成28年12月9日(金)までの間、連鎖販売に係る新規会員(HCA)の受付および登録を停止いたします。また、会員の皆さまも連鎖販売員の勧誘を行うことはできません。

公式サイトより(現在は消えている)

この業務停止になった理由を調べているとナチュラリープラスをやっている人だけが知るべきものではないことに気づきました。

ということで、今日は

  • 「ネットワークビジネスをしている人」
  • 「ネットワークビジネスに興味がある人」

向けに、なぜナチュラリープラスは業務停止になったのかの問題点とそこからが学ぶべきことについて書いていきます。

違法行為をせずにネットワークビジネスはしなくてはいけません。

今日は、しっかり学びましょう。

*なおナチュラリープラスは更新時点(2017年7月9日時点)では業務を再開するとともにかなり厳しい教育体制を構築しています。

  • ナチュラリープラスの業務停止の理由は?
  • ナチュラリープラスはどう変わるのか?
  • ネットワークビジネスに取り組む人が学ぶべきこと

ナチュラリープラスの業務停止の理由は?

では、早速ですが、なぜナチュラリープラスは業務停止になったのか?に移りましょう。

最大の原因は「不実告知」「オーバートーク」が原因だと言われています。

「どんな病気でも治る」

「楽に稼げる」

という趣旨のことを販売員が謳っていたとされています。

以下をご覧ください。

発表によると、ナチュラリープラスは健康食品「スーパー・ルテイン」や清涼飲料水「IZUMIO(イズミオ)」などを販売。「1カ月飲み続けるとどんな病気でもよくなる」「2人紹介して、片方の人が何ポイントかになると、月に20万から50万円くらいになりますよ」などと、事実とは異なる説明をして勧誘し、断る消費者に対しても執拗に勧誘を続けるなどして、契約を結ばせていたという。

ナチュラリープラスに9カ月間の一部業務停止命令 「どんな病気でもよくなる」「がんにも効く」と勧誘 : クリスチャントゥデイ

医薬品でもないサプリメントでこう言った営業トークをすることは法律違反となりますし、楽に稼げるといった印象を与えてはいけませんよね。

ですから、業務停止になった訳です。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

この一連のナチュラリープラスの業務停止騒動の問題点はどこにあったのか?

それを考えていきましょう。

以下の候補が挙げられます。

  1. 嫌がる消費者に無理やり迫った
  2. 販売員が金欲しさに嘘をついた
  3. 会社として会員の教育マニュアルが不足していた

おそらく今挙げた3つ全てが、ナチュラリープラス騒動において関係があるでしょう。

それは先ほどの引用した勧誘における問題のトークを見れば明らかです。

ただ、こういった個々の問題点は、他のネットワークビジネスが抱える一つの致命的な問題点に集約されます。それ故に他の会社は関係ないというわけにはいきません。

その問題の核とは「会社が販売員に販売方法を丸投げしていたこと」です。

ナチュラリープラスの前にもニューウェイズ(現モデーア)も業務停止になったことがあります。

この時も薬事法に触れる「オーバートーク」「不実告知」が原因でした。

ここに関しても関連ニュースがネット上にありますので、興味がある人は調べてみてください。

ところで、こういった問題を無くすにはどうすればいいのか?

前を向く意味でもこの問いを考える必要があります。

私の見解は、会社の側で、オーバートークされないようにコントロールすることがひつようです。業務停止にならない意味でも会社がやるインセンティブがあります。

では、具体的にどうやってコントロールするのか?という話になるわけですが、いつも教育の重要性がうたわれます。

ただ、それだけでは絶対逸脱する人間が出てきます。

あまりに甘いリスクヘッジという他ありません。

私の意見は明快です。

「人間が説明する部分を極小化し、人を介さない説明を実施」するのがベストだということです。

これならビジネスを始めたての人でも法律違反を犯す可能性がありません。

こういった仕組み化による販売員への丸投げ状態を変えていくことがナチュラリープラスも含めたネットワークビジネス全ての企業に求められるでしょう。

ネリウム社などはそういった手法をすでに取り入れています。

業務停止後多くの会社が凋落してしまいましたが、ナチュラリープラスはどうなるのか?

注目しましょう。

ナチュラリープラスはどう変わるのか?

そうは言いつつも私は業務再開後の取り組みを見ていて感心いたしました。

この会社は本気で問題に向き合っているなと。

ナチュラリープラスは2016年の業務再開にあって下記の三つをステークホルダーに約束しています。

会員への充実した教育制度

◎会員へのビジネス活動前の教育

HCA(勧誘者)一人ひとりが、消費者保護を重視した健全なビジネス活動を行うために大切なこと(コンプライアンス、ビジネスの仕組み、製品、報酬プラン)をビジネスキットで学ぶことを条件としています。

◎明確な活動資格制度

2016年12月より、会員活動に必要な知識やマナーを身につけるため、従来の活動資格制度を発展させた、活動内容に応じた新たな活動資格制度を設けています。HCA(勧誘者)、HCB(愛用者)それぞれに応じたテキストにて学習の上、所定のテストに合格し、ナチュラリープラスの承認を得ることで活動資格を取得することができます。
なお、HCA(勧誘者)については資格更新のため、年一回、テストに合格し、ナチュラリープラスの承認を得る必要があります。

◎会員への継続的な教育の場

・日頃の会員活動の中から早期に問題点を発見し、適切な対応・指導を行うことで、トラブル発生の抑止を推進し、会員活動の健全化に努めています。
・活動資格の取得後も、ナチュラリープラスについて正しく理解を深め、健全な活動を行うための教育の場を定期的に設けています。
・万が一、違反が発生した際、個人ならびにグループに対し厳格な処分と、再発を防止するための教育・指導・経過観察を行います。

消費者保護への取り組み | 企業情報 | 企業情報 | ナチュラリープラス – グローバルヘルスケアカンパニー

個人的には二つ目がすごいなと。

ディストリビュータになるにあたって試験をするというのはニュースキン含め他社でもやっているので何も目新しいことがありませんが、年に一回更新時にも実施するというところが注目ポイントです。それが三つ目の継続的な教育・指導という施策につながっているのでしょう。

これに関しては素直に素晴らしいというしかありません。

さらに、特定商取引法に加えてIZUMIOの際に問題となった医薬品医療機器等法に対する極めて強い遵守の意向ということも見られます。

製品の説明をする際に

● 健康食品(清涼飲料水含む)を勧める際は医薬品類とは異なり「用法・用量」「効果効能」「作用・副作用」は謳えません。
● ビューティケア製品は、医薬品医療機器等法上の「化粧品類」です。効果効能については医薬品医療機器等法の範囲を逸脱しない表現で説明してください。
● ご自身の体験談および見聞きした体験を他の方に告げることはできません。

ビジネスガイド | ビジネス活動 | コンプライアンス | ナチュラリープラス – グローバルヘルスケアカンパニー

当たり前ではないか?と言われる方もいますが、ここまで徹底した法令順守をホームページに唄っている会社はナチュラリープラスくらいです。

業務停止の一件を相当重く受け入れていると考えていいでしょう。
教育だけではダメだといったもののまずは、第一段階の取り組みとしては十分すぎる対応ではないでしょうか。

ネットワークビジネスに取り組む人が学ぶべきこと

今回のナチュラリープラスの一件はとても大切なことを我々業界の人に教えてくれています。

 

それは、まずは法律を勉強しろということですね。

あなたの一つの行いで会社一つ傾く可能性があるということをナチュラリープラスの一件は教えてくれています。

それ故に、極めて高い倫理観が求められます。

軽率な発言は避けるのはもちろんですが、入会の諸段階では繰り返し、関連の法を学びましょうね。

そして、会社に対していいたいのは、教育体制の強化はいいとして、それに加えてディストリビュータが問題のある説明ができないような「仕組み」を整備すべきであるということでしょうか。

以上、ナチュラリープラスの一件に対する事実の整理と私の考察でした。

参考になれば幸いです。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

About The Author

orenzi0202
ネット集客のファンタジスタ。
石油は40年で枯渇しないけど、ネットワークビジネスでは1年以内に人脈が枯渇することを知ったおじさん。立ち上げたブログすべてでアクセス数を集めすぎるためインターネットでMLMをやる人から警戒されている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)