ネットワークビジネスの評判を綴るブログ

アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ、モリンダなどについて

どうしようもないネットワークビジネス君の数少ない良いところ

約 3 分

ネットワークビジネス

 

 

というと

どうしようもない人たちの集まり。

どうしようもないビジネス。

f:id:zyunn14641:20160825231714j:plain

 

といった散々な評判を抱えています。

 

 

しかしそんなネットワークビジネス良いところはあるのです。

今日は、それをご紹介いたします。

 

【問題】友人や親族を勧誘せずにネットワークビジネスをやる方法を答えよ

 

1.自分のために働けば良い

ネットワークビジネス良いところとしてまず挙げられるのは「自分のために働けば良い」というところです。

 

 

というのも、会社員の場合、「会社のため」に働くため、「自分のため」と合致する稀有な場合を除き、基本的に社員のモチベーションはそれほど高いとは言えません。

 

 

 

「自分のために」というと利己主義者でイメージが悪いですが、「人のため」だけに働ける聖人君子のような人間はこの世にほとんどいないことを考えれば、ネットワークビジネスのこの仕組み自体は素晴らしいと思います。

 

 

2.労働に対してレバレッジがかかる

レバレッジとは「てこ」を意味しますが、ネットワークビジネスはその努力に応じて、徐々に自分の力を入れた量に対して見返りが増えていきます。

 

 

いわゆる給与所得者の場合、給料が上がっていく場合もありますが、その場合、労力も連動して増えることがほとんどです。

 

 

これでは、いい給料をもらっても豊かであるとは言えないわけです。

 

 

ただ、ネットワークビジネスの場合は、レバレッジの性質を持つことで、収入を得ながら徐々に時間的余裕を手に入れることが可能となります。

 

 

3.初期投資はやはり低い

ネットワークビジネスの最後のいいところとして「初期投資の低さ」が挙げられます。

 

 

もちろん、製品を買いこませたり、高いセミナーに度々行かせるという劣悪なネットワークビジネスが多いのも事実です。

 

 

ただ、健全なところであれば、月々1万円ー3万円ほどでビジネスを始めることができるため、起業するなどよりはかなりビジネスとして始めやすいのは事実です。

 

 

 

 

4.終わりに

ネットワークビジネスはその仕組み自体はいいところも結構あるのですが、そこに関わる人やそこに必要のないルールや慣習を盛り込まれたため劣悪なビジネスだとされています。

 

 

ただ、良いところもあるのは事実であり、完全に潰すよりは、悪いところを徐々にでも改善していけたら良いビジネスにそのうちなるのではないかなと思います。

 

 

【問題】友人や親族を勧誘せずにネットワークビジネスをやる方法を答えよ

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)